• このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年のGWは新時代の幕開けとなりました!令和の一発目は嬉しい情報から発信したいと思っています^^

さてさて。ゴールデンウィークは多肉植物をゲットするのには最適な時期です。

新潟市の大型園芸店では、昨年とは比べ物にならないくらいに、多肉売場が拡大していて掘り出し物もありそうな予感満載です。

今回は、多肉植物の狙い時がGWな理由と、お得に多肉植物を購入するための大型園芸店の攻略方法をお話したいと思います。

GWは多肉植物の絶好機!

ゴールデンウィークは、多肉植物を購入するのにベストなタイミングだといえます。

どうしかというと、気候も暖かで多肉が育つのには快適ですし、初めて挑戦するにしても失敗が少ないシーズンだと思うのですね。

それに、多肉植物は梅雨~夏になってしまうと、多肉売場に並ぶ品種が少なくなる傾向があります。

ですから、いろんな種類の多肉植物を実際に見ながら、手に取りながら選べるGWは、絶好の多肉日和だと思っています。

大型園芸店などでは、今年はお手頃価格のすごく元気な多肉たちが、たくさん入荷されていますよ!週末には是非、多肉狩りに出かけてみてくださいまし。

多肉植物の狙い目はどこ?

多肉植物は自分が気に入ったものを選ぶのが一番よいと思います。

ですが、いきなり高いものにチャレンジすると、気難しいタイプのものだった場合には、育てるときに苦労してしまいますよね。

わたしのオススメは、手のひらに乗っかるサイズの育苗ポットに入ったものや、カクトロコの多肉です。

1つ180円~300円くらいで購入できますし、そのまま屋外に置いておいても、しばらくは問題なく育てることができます。

種類も豊富ですし、好みのものがみつかれば、同じ品種だけをいくつか買ってみるのも良いですよね。

注意したいのは寄せ植えです。

寄せ植えは一見ステキなのですが、中のどれかが傷んでしまった場合には、その部分を取り除かなくてはいけなくなることもあります。

それと、育ち方もそれぞれに違いますから、形がくずれてきたときにはドキドキ、ハラハラしてしまいますよね。笑

インテリア性の高い寄せ植えは、鉢の値段でぐんと価格が上がってしまうものも多いですから、よく見て選ぶことがポイントになります。

大型園芸店のGW攻略法

わたしがよく足を運ぶ大型園芸店。何度も通っているうちに、ちょっとした攻略方法をみつけました。

今年はとくにそうなのですが、大型園芸店では店内のあちこちに多肉が点在しています。

新潟市の道の駅「花夢里」では、しっかり探すと多肉売場が7カ所以上あるのですね。

よく見ていると気づくのですが、同じ品種でも置いてある場所によって、価格が50円以上違うこともあります。

お店のスタイルにもよりますが、生産者さんのごとに売場が区切られていると、価格設定や品揃えも区画ごとに様々なんです。

これって、すごく面白いですよね^^ちょっとした宝さがしのような楽しみがありますw

ですから、お店の中をレジャー感覚で楽しみながら歩くのが攻略のポイントです。

購入前に株元を要チェック!

GWはびっくりするくらいに大型園芸店がにぎわいます。

新潟市でいうと「花夢里」や「新津フラワーランド」を外すわけにはいきません。(はなのあの出現率も高いですw)

このときばかりは、人の流れや勢いでお花や植物を大量に購入する方も多く、多肉売場も人気が高まります。

ですが、こういう時だからこそ、多肉植物を購入するときは株元に注目してくださいね!

株元が傷んでいないか、苔むしたような土になっていないかをチェックしましょう。

下葉がとれているものは問題ありませんが、何枚もの葉が黄色っぽく変色していたり、全体がうなだれるように下反りしている場合もスルーする方が無難です。

株元が傷んでいたり、不安を抱えた状態だと、大抵は購入後に残念な結果になることがあります。

選ぶときは、しっかりと観察してからレジに向かってくださいね。

ということで、今回はGWの多肉植物の選び方をお話しました。

今年は昨年とちがって、お手頃価格の多肉植物が沢山お店にならんでいます。

高級品種が大流行した時期もありましたが、やっぱり、気軽にちょっとずつ買い足せる感覚が多肉の醍醐味だと思うんですよね!

葉挿しや挿し木での繁殖にチャレンジするのにも、今時期はおすすめです。

10連休も終盤戦。連休の最後にでも是非、多肉狩りに出かけてみてくださいね!

今回の記事がみなさんの参考になればうれしいです。