• このエントリーをはてなブックマークに追加
サルメントーサ

これって多肉植物なの?といわれてしまうサルメントーサ

一見、普通の植物のように思えますが、多肉植物として扱われることが多いのですね。

サルメントーサは黄色い斑入りのギザギザ葉っぱが特徴的な多肉植物です。秋になるとピンク色に紅葉しますから、とってもキレイなんですよ♪

サルメントーサは多肉植物の中でも育てやすさは5本の指に入るのではないでしょうか。

だから、多肉植物の育て方を覚えたい、練習したいと思っている方には断然おすすめです。

今回は、初心者さん、ビギナーさんにもおすすめサルメントーサの育て方お手入れのポイントをお話します。

初心者でも大丈夫!サルメントーサの育て方


サルメントーサはクラッスラ属のひとつで、花月(金のなる木)や火祭りの仲間です。

葉っぱはちょっと光沢があるような感じに見えるもの、普通の葉っぱに見えるものがありますが、お好みの方を選んでOKです。

順調に育つと、空を目指すようにぐんぐん上に向かって伸びていきます。そして、他の植物の邪魔になりそうなくらい茂ってくることもあります。笑

いいですよね~w ちょっとガツガツしている感じも嫌いじゃありませんw

サルメントーサは日当たりのよい場所に置いてあげればOK。春から秋にかけては、成長の速度もはやく感じます。

暑さにも強いですから、他の多肉ちゃんたちがぐったりしていても、この子はケロっとしていることもあります。

ただ、過湿にはちょっと弱い印象があります。基本的に屋外で放置でも大丈夫なのですが、梅雨の時期は、長雨になるようなら、軒下に移動してあげた方がよいと思います。

そうそう!

サルメントーサを育てるときは、水はけのよい土に植えてあげると上手にそだてられます。

土は市販されている「多肉植物の土」でもよいですし、他の土でも育ってくれます。だけど、水はけがよいことが条件です。

それから「花や野菜の培養土」のような土を選ぶと肥料が強すぎて、斑(模様)が消えてしまうこともありますから、注意してくださいね。

水やりは5~10日に1回くらいのペースでよいと思います。雨にあたることがあるのであれば、水やりの頻度を調整してください。

基本的には、土が乾いたらあげるようにします。

多肉植物は、水やりが難しいといわれています。たしかに、育ててみるとわかるのですが、本当に難しいです。

やり過ぎてしまうと、多肉植物が根腐れを起こしたり、傷んだりしてしまいますから、これが勝負どころでもあります。

過去に書いた記事でも水やりのペースなどについて紹介していますから、どうぞ、ご覧になってみてくださいね。

過去記事:「はじめてでも大丈夫。失敗しない水やりの方法まとめ

先ほども、少しお話しましたが「湿気や蒸れに弱い」これは多肉植物全般の特徴でもあります。

なので、「風通しのよい場所に置きましょう。」と表記されていることが多いのですね。逆に、風通しのことが表記されていれば、湿気や蒸れには注意が必要ということになります。

多少、水やりを忘れたくらいでは、枯れたりしませんから、多肉植物の水やり練習にも最適です。

そうそう。寒さには弱いですから、冬の時期は屋内に移動させてあげたほうがよいです。

わたしは、新潟の真冬の寒さに当ててしまい、凍傷や冷害で枯らしてしまいました。汗 だから、リトライですw

多肉植物が育って、茂ってきたらカットしましょう。


多肉植物は育ってくると、モリモリ茂ってくることがあります。

全体が広がるように育つこともありますし、頭が重くなってお辞儀してくる子もいます。

そのまま育てる方も多いのですが、是非、お手入れをして、挿し木にチャレンジしてみましょう!

挿し木というのは、カットした茎を土に挿して繁殖させる方法のことです。

サルメントーサは、葉っぱで増やすというよりも、挿し木で増やす方法のほうが上手くいくと思います。

挿し木は、茎の先から適当にカットすればよいのですが、5~8cmくらいを目安に切ってしまえばOKです。

あとは、土に挿す茎の部分の葉っぱをとってから、土に挿しましょう!根っこが出てきてくれれば、あとは、育てるのみですw

サルメントーサは、適度にカットしてあげると、株の方の切り口付近から、脇芽が出てくることもあります。

よほどのことがなければ、無いと思いますが、クリクリ坊主にして放置していても、気が付いたら芽吹いていることがあるくらい、生命力が溢れていますw

たったこれだけ?と思うかもしれませんが、多肉植物の育て方とかお手入れって、このくらいでも十分!むずかしく考えすぎる必要も、心配もいりません♪


今回はサルメントーサについてお話しました。

サルメントーサの見た目は、イメージしている多肉植物とは全然ちがっているかもしれません。

だけど、育て方は多肉植物と同じように育てることができますから、是非、一度チャレンジしてみて下さいね。

サルメントーサは季節を問わず、店頭に並びやすい多肉植物です。

ホームセンターの園芸コーナーにも置いてあると思いますから、実物をご覧になってみてくださいね。

わたしがよく行く園芸センターでは、300円でおつりが返ってくるくらいの価格でチャレンジできますよ!

100均の多肉植物コーナーでも見かけたことはありますから、100均で探してみてもよいかもですね。