• このエントリーをはてなブックマークに追加

猛烈な暑さとゲリラ豪雨に苦しめられている2018年の夏。今年の夏は特に多肉植物の管理が難しいように感じています。

夏の水やりは、タイミングを誤ると蒸れたり、腐り出したりで一発KOになってしまうこともありますから、水やり恐怖症になってしまいがちですよね。

結局、迷いに迷っているうちに、わたしの多肉植物には恐れていた事態に見舞われてしまいました。

今回は、わたしの経験をもとに、多肉植物の葉っぱに出てくる激ヤバなサインと対処方法についてお話します。

多肉植物の水やりに迷ったときはどうする?

このブログでも何度か紹介していますが、多肉植物の水やりは悩みの種のひとつになりがちですよね。

初心者の方はとくに、水やりをし過ぎたり、タイミングで失敗したりして、ダメにしてしまうこともあると思います。わたしもそうでした。笑

季節によっても水やりの加減は違いますし、育てる環境によっても、全国共通で一律コレ!というわけにはいきません。

そこで、わたしなりに辿り着いたひとつの案は「水やりで迷ったら見送る」「水やりをしない」という方針です。

多肉植物は、水やりや雨を含めて、水のあげ過ぎで失敗することは多いのですが、水やりをしなかったからといって、すぐにダメになるかというと、そうでもありません。

むしろ、水やりを忘れているくらいの方が、上手く育つことも多かったりします。(不思議ですが、そういうこともあるんですよね。汗)

さてさて。多肉植物にとっての夏は、難所含みの山場だと思っています。

とにかく今年の夏は失敗の連続なのですが、さらにマズイことになりつつあります。

わたしが何度か経験している「葉っぱの激ヤバなサイン」がガッツリ出てきてしまいました。

多肉植物の葉っぱに血管が浮き出てきた!

わたしは、夏であっても多肉商物に水やりをする派です。

もちろん、春や秋に比べると頻度は少なくなりますが、完全断水では夏をしのげないのではないかと感じているからなんですよね。

夏場は多肉植物たちが休眠状態になるといわれています。「品種によって」というところがポイントで、すべてが該当するわけではありまん。

休眠状態になってしまえば、水を積極的に欲しがったりしませんから、控えるようにするというのが上手に管理するコツになります。

さぁ!ここからがいよいよ本題です。

多肉植物の健康状態は、葉っぱをチェックすればわかることも多いものです。

例えば、水が不足していると「葉っぱにしわがよる」というサインがでてきます。ちょっと萎んでくるような感じになるのですね。

このサインがが出てきたら、水をあげると、葉っぱがふっくらと復活してくるというのが、よくあるパターンです。

ところが、すごく困るのは夏!夏に葉っぱが萎んできたらといって、水やりをしてよいのか?って、本当に悩んでしまいます。汗

わたしの多肉植物たちは、品種はそれぞれ違えど、葉っぱにシワがでてきたものがいくつかあったんですよね。

だけど、水やりを決行する勇気がもてずに、数日やりすごしてしまいました。そうしたら、いよいよ事態は深刻化してきたのです。

多肉植物の葉っぱに血管(葉脈?)が浮き出てきたような状態になってしました。汗 水やりをためらいすぎて、完全な水不足、水の切らし過ぎになってしまったようです。

見た目はゴツゴツ、ゴリゴリな感じ。これまでにも何度か体験したことがあるのですけど、この状態になってしまうと激ヤバなんです。汗

お水をあげてもふっくらと復活する確率は10%くらい。(あくまでもわたしの場合です。)

枯れたりすることはないのですが、どうがんばっても、葉っぱがもとにもどることがなく、このまま育つことになってしまいます。

例年だと、こんな風になることはありません。下葉がチョリチョリになって落ちるくらいなんですよね。

空梅雨、猛暑、日照りと、いろんなことが重なったのも悪かったのかなぁ~。

多肉植物の葉にしわが出たときの水やりのポイント

先ほどもお話しましたが、多肉の葉っぱにシワがでてきたら水やりのサインです。このタイミングでお水をあげれば、数日のうちに葉っぱもバッチリ復活します。

ゴリゴリに血管が浮き上がってしまう前に対処してあげてくださいね。汗

ですが、見つけたからといって、すぐにバシャバシャ水をかけるのは要注意です。

日中の気温が30度に近かったり、それをこえるようであれば、夕方以降の日が落ちる頃にあげるようにします。

それと、少しの気を配ってあげると、ぐっと復活率が高まります。

風通しのよい場所、お日さまの光が直撃しない軒下などに置いて様子をみてあげると良いと思います。

できることはこのくらい。だけど、これでちゃんと復活してくることも体験済みですから、是非、試してみてくださいね!

ということで、今回は多肉植物の水やりとヘルプサインについてお話しました。

ハチャメチャなお天気の毎日。昨日は、25度くらいあったそうなのですが、ちょっと肌寒いくらいでした。

毎日このくらいの気温なら、迷わず水やりができるんだけどなぁ~なんて。

みなさんのお宅の多肉植物は、水不足の症状が出たりしていませんか?完全断水にチャレンジされている方がいたら、是非、様子をおしえてくださいね。

今回の記事が、みなさんの参考になれば、うれしいです。