• このエントリーをはてなブックマークに追加

園芸店や花木総合センターは、すっかり冬モード突入。お花たちも、冬カラーに染まってきましたね。

そんな中、なんとワンコイン以下で買える多肉植物の寄せ植えが大量入荷していました。これは超おすすめ!

今回は、多肉植物が買える穴場とお得な多肉の寄せ植えについてお話します。

冬に向けて多肉植物が出回るお店がある!

多肉植物にとってのシーズンオフは夏と冬というイメージがあります。

ですが、冬になると多肉植物が並びやすいお店があるのですね。

ちょっと意外かもしれませんが、大きな園芸センターでは、冬にむけて多肉植物が大量入荷されることがあるのです。

生産者さんと直接つながりがあるようなお店は、超穴場なのですね。


わたしも不思議でならないのですが、昨年から今年のはじめにかけては、黒い育苗ポットで大きな苗が店頭にならんでいました。

熊童子、ツキトジ、花の司のような、うっすらと毛が生えたようなものが多かったように記憶しています。

今年もさっそく第一波が到着しだした模様です。

とっても好感触!500円以下で買える多肉の寄せ植えが大量入荷。

わたしは、リーズナブルに多肉植物を楽しめるようにしてほしいと願っていました。その願いが今頃、通じてきたようです♪

今回紹介するのは、花木総合センターで売られている多肉植物の寄せ植えです。

売場には2つの価格設定があって、ひとつは450円くらい、もうひとつは398円でした。

どちらも、そんなに違いはないので、お好みで選んでもえばよいと思います。

今回の寄せ植えは、結構、珍しい品種が混ざっていたりしたので、もしかしたら大当たりが出る可能性も高いんじゃないかなぁ?

多肉植物ビギナーの方におすすめな寄せ植えの選び方は「かわいい」「きれい」と感じられたものを選ぶことです。

品種の名前とかにこだわる必要なんてありませんよ♪あとから調べるのも楽しみのひとつです。

ピンク色でかわいいなぁとかでも全然OKです。

パッと見たときに、お花のような形に見える多肉植物もあります。

お花のような形に見える多肉植物は、全体の色が変わるものや、葉っぱの先やふちが紅葉するものがあります。

お水をあげるタイミングや日当たりの加減がちょっとむずかしいかも。

この手前の真っ赤な子は、本当に真っ赤っかなんです。

お日さまがあたると、透き通るのかと思うくらい綺麗な色にみえるんですよ。

この子の名前が思い出せないぃぃぃぃ!!すっごいモヤモヤするわぁ

だれかわかったら、コメント欄で教えてくださいませ。なんだったかなぁ~汗

乙女心か恋心か。この季節になると絶対に外せない多肉植物のひとつですね。

名前もとってもかわいいのですが、葉っぱの先っちょが頬を赤らめるように、薄い桃色に色付くんですよ♪

だけど、この品種は、葉っぱが黄色っぽくなったり、透明感がでてきたりすると、葉っぱがとれてしまいますから、買うときには葉っぱをよく見て!

多肉植物は単品で買うと高くつくこともあります。

多肉植物は、ホームセンターなどでも購入することができるのですが、この季節は要注意です。

時間が経って、形が崩れ出したものや、弱り始めているものも値下げされることのないまま店頭にならんでいることもあります。

それと、小さな苗を単品でひとつずつ買って、寄せ植えにしようとすると、かえって高くついてしまうこともあります。

最初は、あまり無茶をせずに、今回紹介したような寄せ植えからデビューしてみるのもおすすめです。

ということで、今回はワンコインで買える多肉植物についてお話しました。

都会の方では、なかなかないのかもしれませんが、園芸センターのような大きな販売店では、多肉植物以外のお花や植木も充実しています。

植物園とは違うのですが、季節を感じることができるような植物がたくさんありますから、気分転換がてら出かけてみても楽しめますよ♪