ホーム観用植物の育て方 ≫ 日かげの部屋でも育つ観葉植物。人気の7種類を本当に育ててみた結果報告!

日かげの部屋でも育つ観葉植物。人気の7種類を本当に育ててみた結果報告!

パキラ

久しぶりに観葉植物のお話です。わたしが、このブログをはじめたとき、実はハイドロカルチャーという方法にハマっていました。

ハイドロカルチャーは簡単にいえば、水栽培のことです。とてもオシャレな表現ですが、聞けば「あぁ~!」という方も多いかもしれませんね。

ところで、最近、友人と話していて「枯らさないで育てられる植物ってないのかなぁ?」という話題になりました。話を聞いていると、お部屋の中でも育てやすくて、手間のかからない植物を探しているようです。

そこで、今回は、日かげのお部屋でも十分育つ植物7つを、わたしが実際に育ててみて、どうなったのかをお話したいと思います。

これから、室内で観葉植物を育ててみたい方には、とても参考になると思います。実際に育てていますから。笑

スポンサーリンク

日陰で育つ植物の勘違い!日光浴は必要ないのか?


植物を育てるときに、絶対といっていいほど勘違いしやすい言葉が「日陰」(日かげ)です。

実際に日かげで育つ植物もあるのですが、植物を育てるには、少なからず太陽の光に当ててあげることが大切です。

日かげでも育つというのは「日中に外からの光が射し込み、お部屋全体が十分に明るくなるくらいの環境」の「明るい日かげ」をさしているのですね。

実際に育てるときには「窓際でレースのカーテン越しに日差しが射し込む場所」がベストかなぁと実感しています。

だけど、わたしのお部屋は、カーテンを開けても「うす暗い」お部屋です。このお部屋で実際に育つ植物はあるのでしょうか。

日陰でも十分に育つ植物5つを紹介!


わたしのお部屋は、完全に日陰です。日中は、レースのカーテンにしていても、うす暗いのです。夏場は、西日がきついですが、秋冬は西日もあまり入らなくなった気がします。

この環境で育った観葉植物を5つ紹介しましょう!

ミリオンバンブー。定番の運気アップ観葉植物。


ミリオンバンブー

ミリオンバンブーは、運気がアップする植物としても人気がありますね。一輪挿しのように水に挿しておくだけでも育ちます。

わたしのお部屋でも、できるだけ、窓からの光(明るさ)が届く場所に置いておきましたが、ぐんぐん育ってくれました。

中には、水切れしてしまったのか、黄色く変色してダメになったものが1本ありましたが、今もこのくらい、モシャモシャしています。

温かい時期は、伸びもよかったですが、秋冬にかけては、少し落ち着いてきたように感じます。コップに水を入れて挿しておくだけでもよいと思います。

この子は、本当にほとんど水替えするくらいなもので、手がかからずに育ってくれました。はじめての方にもおすすめです。

ポトス。トイレでもぐんぐん育つ観葉植物。


ポトス

ポトスは、とても強い観葉植物といわれています。これは、育ててみて本当にそう思いました。

無茶をすれば、きっと枯れてしまうでしょうけど、完全放置するようなことがなければ、ぐんぐんモシャモシャ育っていきます。

つるが伸びてきますから、ハサミで切って水に挿しておくと、そこから根が出てきます。自分で増やすこともできるので、楽しみも倍増しますね。

トイレのような限られた空間、環境でも育つ植物です。園芸、ガーデニングコーナーにも必ずと言ってよいほど、陣取っていますから、手に入れやすい観葉植物ですよ。

はじめてチャレンジする方にもおすすめです。

オキシカルディウム。この子は断トツでよく育ちます。


オキシカルディウム

オキシカルディウムは、あまり聞きなれない名前の植物かもしれません。わたしも、今年、はじめて育ててみました。

選んだ理由は、葉っぱ!葉っぱを見たときに「これは育つな。広がって増えるに違いない」と、なぜか確信があったのです。笑

見事に予感的中です。わたしのお部屋に来た観葉植物の中でも、早々に新芽が出て、どんどん葉っぱも増えだしました。

この悪環境の中、夏もうだることなく育ちましたし、言うことなしです!この植物はどうやったら枯れるのでしょうか。汗 ふつうに水やりをして育てているうちは、枯れることはないのではないかと思います。

はじめて観葉植物に挑戦する方、植物を枯らしたくない方には、絶対的にオススメです。ただ、寒さには弱い一面がありますので、その点だけご注意くださいね。

サンセベリア。水切れにも強くてとても丈夫です。


サンセベリア

サンセベリア(サンスベリア)は、とても丈夫で強い観葉植物です。引き抜かれた葉っぱが、放置されているような感じで店頭に並んでいることもありますね。

虎の尾とよばれる、長い一枚葉のような姿のものがイメージしやすいかもしれませんね。わたしが育てているタイプは、細い棒状のサンセベリアです。

この子は、枯れているのか、育っているのか、触っても水々しさを感じることがむずかしいです。汗 ですが、確実に育っています。

まず、背丈が伸びますし、根元の方からは新芽がふき出しました!

こんな形で新芽が出るとは想像していなかったので、ビックリもしましたが、新芽もぐんぐん育っています。

サンセベリアは、トイレなどの環境でも強く育ってくれます。その育ち方は、半端なくて、本格的に育てると、根っこが育ちすぎて鉢を割ってしまうほどの生命力があるといわれています。

インテリアとして置かれていることも多いですね。お手入れもほとんど必要ありませんから、はじめて観葉植物にチャレンジする方にもおすすめです。

これ、どうやったら枯れるんだろ・・・?

大人気のド定番!それでもパキラのグリーンは魅力的。


パキラ

おまたせしました!観葉植物の代表選手パキラくんです。

やっぱり、パキラの葉っぱの感じ、全体の姿、どこをとっても素敵ですね!観葉植物感は100点満点だと思います。

パキラは生命力が強くて、枝葉もどんどん伸びていきます。室内育ちだと、線が細くなりがちですから、背丈が低くて、締まった姿のものを選ぶようにすると良いと思います。

パキラは唯一の樹木タイプの観葉植物です。樹木タイプの観葉植物は、はじめて育てるとなると少し難易度は高めかもしれません。

わたしは、以前に水の管理に失敗して枯らしてしまったことがあります。ハイドロカルチャーで育てると、水やりのタイミングや水の管理が見た目でわかるので、育てやすくなります。

幹が編み込まれたようなものも売られていますが、これは、人間が意図的に作ったものですので、傷んでしまったときに手の打ちようがなくなってしまうのが難点です。

パキラの育つ姿は、見ていて本当に楽しみを与えてくれます。葉っぱがそよ風にゆれる姿は、一瞬、時間を忘れさせてくれるような癒しをもたらしてくれますよ!


ということで、今回は、日陰のお部屋でも育てることができた5つの観葉植物について紹介しました。

え? 残りの2つは何なのかって? この子たちは、残念な結果になったのであります。

ですが、一般的には「耐陰性があって育てやすい」といわれている観葉植物です。この子たちについては、次回お話しようと思います。

スポンサーリンク


関連記事

コメント

Re: サンセベリア・その後♪

> Lindaさん

おぉーーーーーーー!!

サンセベリアちゃん、復活したんですねー!! よかった~♪

あらためて、コメントのやりとりを読み直してみたのですが、

よく、復活してくれたなぁ~というのが正直なところです。


新芽もでてきてくれたようですから、

順調に安定期にはいっていくのではないかなぁ~と思いますよ^^

本当におめでとうございます! もしかすると繁殖もできるかもしれませんね♪

すてきな報告ありがとうございました!

はなのあ。 | 2017.04.25 14:32 | URL


サンセベリア・その後♪

はなのあ様

こんにちは。以前、サンセベリアの件でお世話になりました、Lindaです。その節は、色々と教えて頂きまして有難うございました。

さてさて、ご報告です♪

あの後、少しずつ少しずつお水をやってみましたら、しおれかけていた葉が瑞々しく膨らみを持ってきて、それどころか、下から9つも子株が出てきました(^▽^)/
春だから、暖かくなったから・・・ではなく、あの時、「水をあげてはいけない」ではなく「湿らせる程度に水やりをする」を実行したからだと思います(^-^)
水をあげた直後に子株が少しずつ出だして、今ではもう大きいもので5センチくらい、ほかの子も2~3センチに育っています♪
やはり、完全に水を断ってしまってはダメですね(^^;)
はなのあ様とはなのあ様のブログに出会えて、本当に良かったですm(^^)mありがとうございました。

ペペロミアやハオルチアに関しても参考にさせて頂いています(^-^)

また書き込みさせてくださいね~(^▽^)/

Linda | 2017.04.21 12:36 | URL


Re: タイトルなし

> Lindaさん

まってましたよ^^

そうですか~!こういうエピソードを聞かせてもらえて、本当にうれしいです^^

ってことは、見えている葉っぱが枯れているだけで、
根っこや株は生きているってことになりますね!

よかった~!

思い切って、枯れた部分は取り除いたほうが、
新芽が育ってくれるかもですね^^

わたしのハイドロでそだてているサンセベリアも
新芽がでてきましたよ♪

愛情が届いたハッピーエピソードですね^^

はなのあ。 | 2017.03.03 15:42 | URL


はなのあ様

おはようございます。
あれから、ちょっとだけサンセベリアにお水をあげてみました。
まだ4日くらいしか経っていないので、どうなるのかはわからないのですが・・・。
黄色く枯れてきた葉は2本程思い切って土から抜いてみました。
そしたら!
その葉の根元に小さな新芽が!!しかも2本とも!
まさか、枯れかけの葉から新芽が出ているとは思いもしなかったので、びっくりです。
なので、その2本だけちょっとお水につけた後、別の新しい土にいけこんでみました。
こちらもどうなることやら・・・(^^;)

色々とアドバイスをいただき、有難うございました。
ブログの更新、楽しみにしています♪

Linda | 2017.03.03 08:29 | URL


Re: タイトルなし

> Lindaさん

お返事ありがとうございます^^

もしかするとなんですけど、
ハイドロの苗は、本当にハズレだったのかもしれませんね。汗

わたしも経験があるのですが、
ちょっと枯れかかったような、訳あり株はハイドロで育てるときには
結構、賭けな一面もあるみたいなんです。

Lindaさんと同じように、枯れた部分がぶわ~っと広がって、
だめになったものもあるんですよ。涙

傷んだ部分は、取り除いてチャレンジするのがいいかもしれませんね。

あと、はじめからひとまとめにしないで、
株ごと、黒ポットごと?で1つの容器にしてみたほうがいいかもです。
元気に育っていることが確認できてから、まとめてもよいと思いますよ^^

ハイドロは水が命な部分があるので、
傷んだ苗を一緒にそだてるよりも、わけておいたほうがいいかもと思うんです。

サンセベリアが枯れる事件、結構、タイムリーに重なって、
いろんなところからお話を聞くので、Lindaさんだけが大変というわけでもなさそうです。


そうそう! 植物って生命力を感じさせてくれる瞬間ありますよね^^

元気にそだってくれる姿は、こちらも元気がもらえますね。

もし、サンセベリアの傷みが広がるようであれば、
思い切って、傷んだ部分を株から、切ってしまったほうがいいかもしれませんよ。
わたしだったら、根っこもみて、ガッツリ行くと思いますw

様子をみて、チャレンジしてみてください^^

はなのあ。 | 2017.02.28 09:24 | URL


はなのあ様

おはようございます。早速のお返事、有難うございます(^-^)
とても嬉しかったです(^-^)
昨日は、ブログを見つけた嬉しさに気がはやって、お名前を確認しもせずに「水やり男子さん」と書いてしまって、すみませんでした。m(--)m

私のサンセベリアですが、実は、昨年暮れにホームセンターの隅っこに捨てられるように投げ売りされていた、ハイドロカルチャーのサンセベリアだったんです。寒空の下、あまりにかわいそうだったので、ついつい二つ買ってしまったのです。そのときは、緑がしっかりしたものにそうでないものが1~2本混じっている程度でした。全体で6~7本くらいひとまとめにされていました。すでに小さな芽が出ているものありました。
ハイドロカルチャーは馴染みがなかったので、コップに軽石と、ミリオンとゼオライトを少しだけ入れ、二鉢分まとめて入れてみました。しばらくして確かめてみたら、ほぼ全ての葉が土から抜けることなく(それでもまだグラグラしてますけど)定着しているようだったので、安心していたのですが・・・。

「黄色くなった」というのは、特定の一本が枯れ始めたという事です。それが、一本だけでなく、たぶん5本くらいは枯れてしまったと思います。
他の葉も縦にしわが入ってきて、ほんとに水を上げたい気持ちMAXです(T。T)
心なしか、脇から出ている新芽は割合と瑞々しい感じなんですが、親株にあたるもの(?)に縦しわが・・・。

他にも、サンセベリアハニー(これも同じく半分枯れた状態で投げ売り・・・ ^^:)を同じように育ててみたのですが、こちらも外側から葉が枯れてきて、今はとりあえず中心の葉が元気かなって感じです。なぜか、こちらは「大丈夫!春になったら元気になる!!」と勝手に思い込ませてくれるくらい、根つきがいいみたいで、どことなく生命力を感じるんですよね。
なのに・・・。たぶん、「ミカド」というこっちの方は見るのも痛々しいくらいで・・・。「帝」なのに、ちっとも強そうに思えないんですよね。

今日はお天気もいいし、ちょっとだけ、湿らせるくらい、お水を上げてみようかな・・・。

色々と教えて頂き、またこちらの状態も聞いていただき、有難うございました(^-^)
はなのあ様のブログ、これからも応援させていただきます♪♪
また色と教えてくださいね(^-^)
お仕事、頑張ってください(^-^)

Linda | 2017.02.27 10:52 | URL[ 編集 ]


Re: サンスベリア

>Lindaさん

はじめまして^^ 
水やり男子こと、はなのあと申します。
メッセージありがとうございます。

植物のある生活っていいものですよね。
だけど、上手く育ってくれないと心配になったり、不安になったりもします。

Lindaさんは、サンセベリアを育てていらっしゃるのですね^^
コメントの内容を拝見させていただき、
何とかしなくちゃ!という気持ちがとてもよく伝わってきました。


それでは、ご質問にお答えいたしますね。

1.まずは、育てる環境です。

> 育成環境は、部屋の中、日当たりはあまりよくありませんが、
> 全く日が射さないというわけではありません。

これは、わたしのお部屋とほとんど同じかなぁと思いました。

わたしのお部屋のサンセベリアは育っていますから、
環境が全く同じとはいかないでしょうけど、
たぶん、問題なく育つ環境だと思います。


2.サンセベリアの変色について

> 黄色く枯れてきてしまいました。

一生懸命にお世話されていたのに、残念な思いをされていると思います。
心中、お察しいたします。

さて、黄色く枯れてきたとのことですが、
どんな風に変色がはじまったか、おぼえていらっしゃいますか?

例えばなんですが、
・特定の1本の葉先から変色がはじまった。
・株全体が枯れるように変色しだした。
・水分が足りず、チョリッチョリに乾燥するように枯れだした。

もう少しヒントがあると助かります。
差支えなければ、教えていただけますでしょうか?

変色してしまった原因は、いろいろあると思うのですが、
変色した箇所を復活させるのは難しいと思います。


わたしだったら、そんなときどうするかについてお話しますね。


・しばらく様子をみて、進行が止まらないようであれば、カットしてみる。
・それでもだめなら、一度、ひっこ抜いてみる。

多くの方の意見や、ネットを見ていても、うんざりするほど
「根っこ」が原因という回答が多いと思うのですね。

本当に根っこが問題なのであれば、

・黒く変色して、ぐずぐずに腐っている。
・根が乾燥しきっていて、活動している根がみあたらない。
・根がギュウギュウに育ちまくっている。

お話から推測すると「根詰まり」は、よっぽどのことがない限り、
起こらないと思うのですね。

腐っていれば、水のあげ過ぎ。
もしくは、土の水はけ・乾きが悪すぎるのが原因だと思います。


3.冬でも水をあげたほうがよいのか。

そうそう! これ、本当に悩むところですよね。

わたしは、サンセベリアを水耕栽培していて、
季節なんて気にせずに、いつも「水がなくなったら数日おいて足してあげる」
このやり方を繰り返しています。

ですが、この冬もな~んにも問題なく健やかに育っているのですね。
また新芽も出てきました。汗

土に植えている場合もなのですが、
わたしは、最低月に1度は、お水をあげています。

ただし、鉢底からあふれるようなあげ方ではありません。
株元を湿らせるくらいの気持ちであげます。

ジョウロであげるなら、じょわっとひと傾けくらいの感じ?
(伝わりにくくてすみません。汗)

完全に水を断ってしまってもよいといわれていますが、
それに耐えられるは、ある程度大きく育っているサンセベリアだと思うのですね。

それよりも、水切れで命が途絶えてしまってはおしまいです。
わたしは、湿らせる程度に水をあげます。


それから、サンスベリアフランキーさんは、水やりで枯らしてしまったとのことですが、
わたしの感覚的には、アロエの管理と同じようにすると上手くいくように感じています。

アロエは、サボテンほどではないのですが、
水やりは控えめでも元気にそだってくれるのですね。

アロエも断水気味に育てるという説もあるのですが、
わたしは、月に1度くらいは、やはり、株元を湿らせる程度のお水をあげます。

最後に、あくまでも、わたしの水やりのタイミングですが、
多肉系の植物であれば、春、秋は10~14日に1回しっかりと、
夏、冬は20~30日に1回くらいを目安に乾かし気味にあげています。

みんなに当てはまるとは思いませんが、
ご質問への回答と参考になれば、うれしいです。

はなのあ。 | 2017.02.27 01:16 | URL


サンスベリア

はじめまして☺Lindaと申します。
多肉植物や観葉植物に癒やしを求めて(?☺)色々育て始めたのですが、なかなか上手くいかず…。助けを求めてサーフィンしているうちに、「実際に育てていて色々教えていただける&レポートしていただける」こちらのブログにたどり着きました( ´艸`)
さて、突然で申し訳ありませんが、一つ教えていただきたいことがあります。
サンスベリアの育て方です。
私も、水やり男子さんと同じサンスベリアを育てているのですが、「冬場は水を遣ってはいけない」という定説通り水を遣らないでいたら、黄色く枯れてきてしまいました。
もう一つ別のサンスベリアフランキーというのも育てていたのですが、こちらは水を遣ってしまい、枯れてしまいました😢
一体、どうすれば枯れずに育てられるのでしょうか?水は、少しくらいあげたほうがいいのでしょうか??
育成環境は、部屋の中、日当たりはあまりよくありませんが、全く日が射さないというわけではありません。
もしよろしければ、育て方を教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします🙇

Linda | 2017.02.26 11:53 | URL[ 編集 ]














管理者にだけ表示