• このエントリーをはてなブックマークに追加
多肉植物の紅葉

多肉植物の魅力のひとつは紅葉です。あんまり成長するイメージはないかもしれませんが、多肉植物も大きく育ちますし、秋がくると紅葉もします。

ですが、色が変わる種類の多肉なのに、色の変化がでなかったりすることもあり、この季節になると、気持ちが焦ってしまう方も多いですよね。

とくに、室内育ちの多肉植物は紅葉しにくいのですが、紅葉させようとしたがために枯らしてしまうこともあるのです。

今回は、多肉植物の紅葉のコツについてお話します。

スポンサーリンク

せっかくなら多肉植物の紅葉を楽しみたい!


多肉植物にもいろいろあって、紅葉するものとしないものとがあります。紅葉する種類を確認したいなら、屋外で多肉植物の苗を扱っているお店に、実物を見に行ってみるのが一番です。

多肉植物って、屋外育ちのものは、図鑑などでみるものとは全然ちがう大きさで、たくましささえ感じるものです。そのかわり、可愛さは薄れてしまうかもしれませんけど。笑

屋外育ちの多肉植物は、秋から冬にかけて見事なまでに紅葉するか、傷んでしまうか、どちらかになっていることがよくわかります。

ここが大切なポイントだと思うのです。

多肉植物を紅葉させる育て方とコツ


多肉植物は、季節にあわせて、多少育て方に気をつけてあげるとよいですね。夏は意外と育ちが停滞しやすいのですが、秋は育ち方が活発になってくる時期です。

水やりも夏に比べると頻度を多少あげてもよいかもしれませんね。10月も終わり、11月に突入しましたから、これからは冬にむけての準備と慣らしを進めていくようにします。

多肉植物の紅葉には、次の3つがポイントになります。

多肉植物も気温が低くなると紅葉しやすくなります。


まずは、気温です。他の植物の紅葉と同じように、ある程度、気温が下がってくるときれいに色づき始めます。雪が降らない地域の方でしたら、屋外に置いてあげることが一番よいと思います。

ですが、寒冷地にお住いの場合は、秋といえども冷え方が違いますよね。わたしは、雪国とよばれる地域に住んでしますので、いまでも、朝晩は寒いです。男なのに情けないですが、もうすでにヒートテックのお世話になっています。笑

冷えが厳しい地域では、寒さで多肉植物が負けてしまうこともありますから、朝晩は屋内に入れてあげるか、不織布などをかぶせるなどして、寒さ対策をしてあげたほうがよいかもしれません。

紅葉させるコツは「水やり控えめ」に。


多肉植物を紅葉させるコツのひとつに水やりがあります。もともと、そんなに水やりが必要ではない多肉植物ですが、寒くなり始める秋の季節は、水やりを控えめにします。

土が乾いたからといって、すぐに水をあげるのではなく、すこし期間をあけるようにするとよいですね。多肉はすぐに枯れたりしませんから、びびらなくても大丈夫ですよ。

そして、肥料もあげるのをストップします。もともと、多肉植物に肥料は必要ないと思っているのですが、液体肥料などをあげている方もいますよね。紅葉にむけては、一旦、ストップしてみてください。

わたしも、なぜ、そうするのかはわからないのですが、このとおりにしたら、手持ちの多肉植物くんが色づいてきましたよ!↓↓

多肉植物、火祭り


わたしの地域では、なぜかなかなか手に入らない「火祭り」。すこーし紅くなってくれました。もっと鮮やかに紅くなってくれるはず!・・・なんだけどなぁ~。

やっぱり最後は日光浴。植物に日光は必要不可欠!


気温と水の条件がそろったら、あとは日光浴ですね。もともと多肉植物は日光を好むものが多いです。とくに、紅葉する種類のものは、お日さまにあてることが大切。

お店の方や苗木屋さんのようなところでも聞いてみたのですが、みんな同じことを教えてくれました。と、いうことは、やっぱり、お日さまにあてることも大切なのですね。

小さなグリーンインテリアとして多肉植物をもっている方も、もしかたら、紅葉する種類かもしれませんよ!窓際などで日光浴させてあげてくださいな。

だけど、急に強い日光にあててしまうのは、植物にとってダメージになってしまうこともあります。すこしずつ、慣らしながら当てるようにするか、少し光を遮ってあてるようにしてあげてくださいね。


それでは、ここまでのお話をまとめてみますね。


多肉植物を紅葉させる育て方とコツ


・気温が低くなると紅葉しやすくなる。(屋外に置いてみる。)
・水やりは控えめに。(肥料もストップしましょう。)
・十分に日光浴させること。



このブログをはじめてから、数か月たちました。文字に起こしていて気づかされるのは、「自然の中でしぜんに育つ環境づくり」。これが一番よく育つ条件になりますよね。

紅葉もわたしたちが引き起こすのではなく、自然の中の季節の移り変わりで起こるものだと思います。だけど、せっかくなら、少し手をかけてあげて、秋の季節を見た目で楽しみたいものですね。

あ~。うちの多肉くんたちも本気だしてくれないかなぁ~。笑

キレイに色づいてくれるのを楽しみにしている はなのあ なのです。