• このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ数週間は、イベントラッシュで週末は多肉三昧。どのイベント会場でも、多肉植物を本当に愛している方が多くて、本当によい刺激をもらいました。

多肉植物の育て方繁殖方法を検証したり、独自研究したりしている方もいて、そういう話を聞くと「チャレンジって大事だよなぁ~と改めて思いました。

そこで今年の春は、わたしも多肉チャレンジを決行します!ついに、桃太郎さんに挑戦です。わたしの大好きな、憧れの多肉植物のひとつ。だけど、思い切って最初から繁殖させることを目的に購入しました。

今回は、桃太郎の増やし方成功率実験方法についてお話しようと思います。

桃太郎って名前にふさわしい可愛いさがたまらない!

桃太郎(モモタロウ)は、たま~にホームセンターのサボテンや観葉植物の売場でも見ることができる多肉植物です。

最近は、ちょっとお高い多肉植物に括られてしまったのか、お値段が以前よりも跳ね上がったように感じています。いつもなら300円くらいで買えたのに、いまでは800円~が相場になったように思います。

大きなくくりでいうと「エケベリア」という一族のひとつで、姿形はお花のように葉っぱが重なって生えてくるタイプです。

葉っぱ一枚一枚が桃のような形にも見えるし、全体の姿が桃のようにも見えるし、色味もほんのり桃色になったりと、かわいい要素が満載の多肉ちゃん。わたしはこういうタイプにメッチャよわいんです。笑

ずっとずっと欲しくてたまらなかったのですが、わたしはエケベリアとの相性が悪くて、どれを育ててもパカーンと葉っぱが開いては、形が崩れてしまうことが多いかったのですね。

だけど、いろんな多肉植物のイベント会場やお店でお話を聞いているうちに「やってみないとはじまらない!」という好奇心とチャレンジ精神に火がつきましたw

さぁ!住まいも変わったことだし、今年はチャレンジだぁ~!と意気込んでいます。

多肉植物、桃太郎(モモタロウ)の増やし方は2つあります。

桃太郎の増やし方は2つあります。

ひとつは、子株ができたときに切り離して株分けする方法。もう一つは葉挿しで増やす方法です。

インターネットで調べてみてみると、どちらの方法でも成功している方が多く、チャレンジすれば、ある程度は上手くいくのではないかと思っています。

だけど、自分でチャレンジするのは初めてですから、結果がどうなるのかすっごく楽しみ!

実験1.葉っぱをむしって葉挿しにする。

多肉植物の増やし方のひとつに、取れた葉っぱから発芽、発根させる「葉挿し」があります。株元に落ちた葉っぱから自然と芽が出っていることもありますよね。まさに、それです。

ですが、自然に任せるのではなく、自分で葉っぱを外して葉挿しにすることもできます。

葉挿しにするときは、葉っぱをちぎらないように、ちょっとずつ左右に揺らしながら、茎から丁寧に外すのがポイントです。

うまく外すことができると、葉っぱと茎の接続部分から芽や根が出てくるようになるんですよ。わたしでもできますし、だれでもチャレンジできる、易しい繁殖方法といえます。

ですが、品種によっては葉挿しが難しいものもあります。桃太郎さんは葉挿しができると言われていますが、実際の成功率はどれくらいなんだろう?

とりあえず、難しいことは抜きにして、わたしもドキドキで桃太郎さんの葉っぱ外しに挑戦しました!

だけど、この子。意外と株元の下葉の部分が複雑に折り重なっていて、すんなりとは葉っぱを採らせてくれません。汗

一発目は、葉っぱを折ってしまし、大失敗しました。重なり方をよ~くみて、ジェンガをやっているような気持ちで数枚、外すことができました。

結構うまく採れたと思うんだけど、ちゃんと芽が出てくれるかなぁ~。

桃太郎の葉挿しの成功率はどれくらい?

桃太郎は葉挿しができる、葉挿しで増やすことができるといわれています。インターネットで調べてみても、ちゃんと葉挿しで成功している画像を見つけることができますね。

だけど、成功率がどれくらいなのかといわれると、人によってバラつきがあるようです。

多肉植物は生き物ですから、一律にすべてが同じ結果になるとは限りません。うまくいくと言われていても、実際にやってみると、そうならないことも多いのですね。

いろいろ調べてみると「ほぼ100%成功」という意見と「成功率は30%くらい」という意見がありました。これは、結構、微妙な感触。汗 もしかしたら、ガチな多肉植物愛好家(玄人)じゃないと、簡単にはいかないパターンかなぁと、ちょっと心配しています。

実験2.脇芽を出させて子株を狙う

これは、ガレージセールのイベントで教えてもらった方法です。多肉植物の下葉を丁寧に外してあげると、茎側に残った葉っぱの跡から脇芽が出てくるというのですね。

多肉植物は、株元の下葉はどうしても傷みやすく、取れてしまうことも珍しくありません。取れてしまったときのショックは大きかったりするのですが、心配はご無用!気がつくと、その近辺から脇芽や子株がでてくることもあるんです。

それを意図的に引き起こそうという作戦です。

先ほどお見せした葉っぱの分だけむしりましたから、茎はむき出しになった部分ができました。1cmもないくらいですけど、そのくらいで十分かなぁと思っています。

あんまりやりすぎると、棒の先っちょに桃太郎さんが咲いているような状態になってしまいますから。汗 さすがにそれは可哀想ですよね。

さぁ!思う存分、脇芽をだすがよいぞよ~と願っています。

桃太郎さんを含めて、最近購入した多肉植物で寄せ植えにしてみました♪

せっかくだから、こういう感じの方が綺麗でいいかなぁ~と思って。お部屋の窓辺で数日すごしたら、お外へGOですw

ということで、今回は桃太郎さんを繁殖させるためのチャレンジについてお話しました。

本当は自然に任せて増えてもらうのが一番良いと思うのですけど、桃太郎さんが増えてくれたら嬉しいなぁ~っていう願いと希望を込めた挑戦です。

だけど、多肉植物って人の心が読めるのか、こういう下心でチャレンジすると大失敗することも多いんだよなぁ~。

桃太郎さんの葉挿しに成功したことがある方、失敗したことのある方、もしよかったら、わたしに体験談を聞かせてください!コメントをお待ちしていますよ~♪