• このエントリーをはてなブックマークに追加

キャットテール

ふっさふさなネコのしっぽみたいなお花の咲くキャットテール

一度みたら、忘れられない真っ赤なねこじゃらしみたいな植物です。

こどもたちにも大好評だし、注目を集める人気者になってくれること間違いなしの一鉢なんですよ。

キャットテールは植えるとき、育てるときにちょっと工夫すると鉢からあふれるくらいに大きな株になるそうです。

今回はわたしが教えてもらった、キャットテールの育て方増やし方についてお話します。

キャットテールのふさふさは花穂。開花までは毛がありません。

キャットテールは、ねこじゃらしみたいに見えるのですが、これってお花の部分にあたります。

お花がさくまでは、この赤い毛の部分はまったく無くて、つくしの頭が長くなったみたいな感じの姿をしています。

キャットテールのお花は春から秋まで楽しめますから、意外と長生きしてくれるのですね。(実は冬も越せるらしいです。)

キャットテールは、基本的にお日さまの光が大好きな植物ですから、日当たりの良い場所に置いてあげるのがおすすめです。

このふっさふさのシッポは、日当たりが悪いと色がくすんでしまったり、ふさふさもションボリとしたような姿になってしまいます。

シッポの長さは短く見えることもあるけど、時間とともに伸びていくようになりますから、あんまり心配しすぎないでくださいね。

それから、咲き終わった花柄は、早めに取ってあげたほうが、株が元気に育ってくれますよ。

キャットテールは二番花、三番花が楽しめますから、潔くお手入れしてあげてくださいね。

キャットテールは鉢からあふれるように広がります。

キャットテールは、シッポばかりに目がいってしまいがちですね。

触ってみたくなる赤いシッポは、わたしたちだってジャレたくなります。笑

遊んでいるついででもよいので、是非、株元にも注目してください。キャットテールは広がるように育っていくんですよ。

もしかすると、これに気づかない方も多いのではないかと思います。

地におろしたり、植え替えをしたりしないと、株を意識することってありませんよね。汗

数年前にわたしも育てていたことがあります。そのときは、まだ、真剣に植物のことを考えたりはしていなかったはずです。

だって、ちょっと作業していたりすると、鉢をひっくり返すこともありましたから。笑

そのときは「軽いプラ鉢なんか使っているから、すぐにひっくり返るんだ!」なんて思い、ちょっと大きめな鉢に植え替えたのですね。

それから気づいたんです。汗 この子は株が育つタイプだったんだとw

失敗は成功のもとって言いますけど、まさにそれだな~なんて思っています。

ですから、キャットテールを大きく育てたいと思う方は、ひとまわり大きい鉢で育ててみることをおすすめします。

先ほどもお話しましたが、長い期間たのしむことができますから、育てているうちに大きくなることを実感できると思いますよ。

キャットテールは水切れに注意!株が急激に弱ります。

キャットテールは、比較的そだてるのは簡単だといわれています。

水やりは、土が乾いたらあげるようにすれば大丈夫です。暑さにも強いですから、多少、グッタリしても、お水をあげれば復活してくれます。

ですが、暑さに強いからといって、水切れ状態になってしまうと、一気に株がダメになってしまうことがあります。

ですから、水切れにだけは気をつけてあげてくださいね。

それと、シッポの部分は、あんまり積極的に濡らさない方がよいです。

ケイトウなどと一緒で、お花の部分が毛のような感じになっていますから、思っている以上に吸水してボロボロになってしまいます。

お花の部分は、できるだけ濡らさないようにしてあげると、長く楽しめますよ!

キャットテールは挿し木(挿し芽)で増やせるそうです!

キャットテールは、挿し木で増やすことができるそうです!

わたしは、キャットテールを「増やしてやろう」と考えたことがなかったので、まったくのノーマークでした。汗

ですが、増やし方ってあるのかなぁ?と思って、知人に聞いてみたところ「適当に切って挿して置けば増える」というのです。

その知人を信用していないわけではないのですが、調べてみると、確かに挿し木で増やせるようなのです。

挿し木とかって、多肉植物だけでなく、他の植物でも実践できる増やし方のひとつなんですよ。(もちろん、なんでも挿し木で増やせるわけじゃないです。)

わたしの実家の花壇にはあじさいがあります。

それば、わたしが小さいときに切り花を挿したものが根付いたという伝説のような話を何度も聞かされています。

もしかしたら、その伝説が水やり男子のはじまりなのかもしれませんね。

ということで、今回はキャットテールの育て方についてお話しました。

7月の園芸・ガーデニングコーナーは、食虫植物がプッシュされていますね。

夏休みが近づいてきましたから、こどもたちがほしがるのかなぁ?なんて思って見ています。

アレって、増えたりするのかなぁ・・・。見た目けっこうコワイんだよなぁ~。