• このエントリーをはてなブックマークに追加
entry214.png

多肉植物って、とっても個性的な形の葉っぱやプリップリな感じが可愛いと思っています。

見たことのない種類の多肉植物に出会うことができれば嬉しいですし、ちょっと、お宝に出会えたようなワクワク感もあるのですね。

わたしは、比較的どんなものでも「わぁ~♪」ってなれるタイプだと思っていたのですが、それは大きな間違いだと確信しました。汗

多肉植物は大好きなわたしなのですが、どうしても好きになれなくて、どんなに頑張っても触れることができないものもあるのですね。汗

今回は、わたしが苦手な多肉植物TOP3を紹介したいと思います。

決して、その品種が悪いというのではありませんよ。

どうしても苦手な多肉植物の基準


つい先日、ほんの1時間くらいの空き時間ができたので、園芸店をぶらりしていました。

春ですから、新しい商品もどんどん入荷されてくるのですね。それを見て回るのが好きなんです♪

多肉植物だけじゃなくて、花苗なども見て回っているんですよw

もちろん、多肉植物やサボテンコーナーも見るのですが、思わず体がのけぞるくらいにドン引きしてしまった多肉植物が3つあったのです。

わたしは、一人でも声が出てしまうことがあるので「ぎゃぁぁ!」とか言ってしまうかと思ったのですが、衝撃が強いと声なんて出ないものですね。笑

今回、わたしが紹介する「苦手な多肉植物」の基準は、あくまでも、わたしの個人的な感じ方で選んでいます。

繰り返しますが、その品種が悪いというわけではありませんので、その点だけご理解のうえ、ご覧になってくださいね!

見た目がそのもの!脳みそサボテンはキモかわいい?


entry214_02.png

まずは何と言っても「脳みそサボテン」。汗

見た目が「脳みそ」そのもの!遠目で見ても、近くで見ても、誰が見たって脳みそなんです。涙

なんで、こんなことになっちゃったの!?

脳みそサボテンの存在は知っていたのですが、目の当たりにしたのは初めてかもしれません。

このフォルムといい、迫力といい、情けない話ですが「怖くて触れない」のですね。

相手はサボテンですから、積極的に触る必要もないのですが、わたしの中でこんな気持ちになったのは、はじめてかもしれません。

だけど、この子たちには、何の罪もないのです。とっても元気そうですし、きっと、すくすく育つんでしょ?汗

残念ですけど、ものすごく品質がよさそうなのは、サボテンに詳しくなくても伝わってくる色艶なのです。

うっひゃー!これは、ちゃんと買い手がついてくれるの~?!汗

巨大ミミズかと思って悲鳴寸前!ヒモサボテン


entry214_01.png

新入荷のコーナーにいたのです。

ちょうど、観葉植物の元気に茂った葉に目線が集まるようなレイアウトになっていて、とってもステキな売り場だったのですね。

そしたら、突然、葉の影から、這うように育つ「ヒモサボテン」が出てきたのです。汗

わたしは、巨大ミミズか、蛇が出たのだと思って、「ひゃっ!!」と、声にならない悲鳴ともに、後ずさりしてしまいました。汗

何でこんな感じに育ってしまうん?汗

鉢から逃げ出すみたいな姿になるのが、魅力的なんだろうと思うのですが、実物は、ちょっとカタチが気持ち悪いかも。汗

なんか動きだしそうで怖いんです。こっちに向かってきそうな感じしません?

この子にも罪はないのですが、どしても触ることができませんでした。汗

どんな質感なんだろ・・・この茎は丈夫なの?触れないからわからない。汗

リトープスの見た目がグロくて好きになれない。


entry214_03.png

最後は、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになる「リトープス」。

この品種は、結構、お値段が高めな多肉植物です。

形は大体どれも、こんな感じ。豆が割れた間から何かが出てくるみたいな感じの姿をしています。

この双葉みたいな部分の模様が、脳みそみたいだったり、この大きさと、割れ目の感じがどうしても、気持ち悪く見えてしまうのですね。汗

だけど、色の種類や葉っぱの模様でいえば、多肉植物の中でも、本当にいろんな種類があるのは間違いないと思います。

だけど、親指の頭くらいのリトープスが、3つも4つも出てきたり、鉢いっぱいに生えてくるとか、想像したら、もう恐怖でうなされると思います。

この子は、どうしても好きになれなくて、何とか触ってみようと努力してみたのですが、手汗は出ても勇気がでないんです。汗

どんな感触なのかとか、質感とか、全然わからないんです。触れないからなぁ・・・涙。

夜中に動いたり、何かが放出されそうな感じしません?なんてw


今回は、わたしがどうしても苦手と感じてしまう多肉植物についてお話しました。

サボテンや多肉植物は、どれも個性的です。どれを選んだからよいとか、悪いとかはありません。

だけど「珍しいから」という点だけで選んでしまうのではなくて、愛情をもって迎え入れてほしいなぁ~と思っています。

どうぞ、あなたと仲良くしてくれそうな多肉植物を見つけてみてくださいね♪

すくなくとも、指先でツンツンしてコミュニケーションをとれるような子がおすすめです。