entry179_01.png

すっごくかわいい植木鉢を見つけました!

よく行くお店で園芸雑貨の割引セールをやっていたのです。

ひと目見た瞬間に「どんな植物を入れたらいいかなぁ~♪」なんて想像するだけで、すっごく楽しくなってしまったのですね。笑

観葉植物や多肉植物は、室内でも育てることができることから、グリーンインテリアとよばれることもあります。

小さな植物をお部屋に取り入れるだけでも、お部屋の雰囲気は変わってきますよね。

お気に入りの鉢に入れてあげれば、もっと楽しいグリーンライフになること間違いなしです♪

だけど、おしゃな植木鉢かわいい植木鉢を選ぶときには、注意しておきたいポイントがあるのです。

是非、これからお話する「植木鉢の選び方」のポイントをチェックしてから購入するようにしてくださいね。

おしゃれな植木鉢の選び方。底穴の有無は超重要です。


おしゃれな植木鉢やかわいい植木鉢は、ぱっと見たときの印象が大事ですよね。

見た瞬間に「これだ!」「いいなぁ~♪」って思えるものを選んで問題ありません。

だけど、気を付けてもらいたいのが、鉢の底に穴があるかどうかです。

観葉植物や多肉植物を育てるときには、どうしても「水やり」が必要になりますよね。

そのときに、底に穴があいていないと、鉢底に水がたまってしまうことになるのです。

植物を育てることに慣れている方でなければ、水の管理で失敗してしまうことが多いのですね。

見た目の印象だけで鉢を選んでしまうと、日常の管理のことを忘れがちになってしまいますから、是非、気を付けておきましょう。


な~んて。


これじゃあ、ふつうですねw

実際に、お店でおしゃれな鉢を手に取ってみてください。

きっと、気に入ったものには底穴が無いのではないかと思うのですね。

底穴がある鉢、底穴が無い鉢では、使い方が違っているのです。

どちらを選んでも、使い方さえ事前に知っておけば問題ありませんよ。

かわいい鉢は、必ず中を見てみましょう!


entry179_02.png

今回、わたしが購入した鉢の中をみてみましょう。

鉢の底に穴があいていますよね。

底穴がある植木鉢は、この中に直接、土を入れて使えるタイプです。

もちろん、水やりをしても、きちんと水が抜けますから、心配せずに使うことができますね。


entry179_03.png

だけど、底穴が無い植木鉢はどうなっているのかというと、こんな風にプラスチックのケースが入っていたりします。

底穴のない植木鉢は「鉢カバー」として使うようになっているのですね。

このプラスチックのケースの中に、小さな鉢や黒いポリポットを入れて、鉢におさめるという要領です。

お水をあげるときは、一度、取り出して鉢の外で水やりをします。

ある程度、水を切ったら、また鉢に戻しておきます。

ちょっと、面倒に感じるかもしれませんが、こんな風に使うのですね。


だから、底穴が無い植木鉢には、直接、土や植物を入れてしまわないように注意してください。

根腐れ防止剤などを使ったとしても、鉢の中は密閉状態になりますから、何かしらの問題が出てくることになると思います。

ペペロミアを植えてみたら、想像以上にかわいい!


entry179_04.png

かわいいカオが印象的な植木鉢くんたち。

先日購入したペペロミアを植えてみました!

この2つは、まったく違った植物に見えますよね? どちらもペペロミアなんですよ♪

左側は「ペペロミア・セルペンス」、右側は「ペペロミア・アングラータ」っていうんです。

どっちも、とってもいい感じw あひゃw


ということで、今回はおしゃれな植木鉢を選ぶときのポイントについてお話しました。

100均などにも、いろいろなガーデニンググッズがならんでいますよね。

とくに、ブリキの入れ物を選ぶときは、その穴の有無をよ~く確認してから、使い方を選んでくださいね!

今回の記事が、みなさんの参考になればうれしいです。