• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ネメシア

春の園芸店では続々といろんなお花や植物が店頭にならびます。

多肉植物が趣味なわたしなのですが、こっそり、こしょこしょっとお花も育てたりもするんです。笑

HNK趣味の園芸」で、春のかわいいお花として紹介されたネメシア

ちっちゃなお花がどんどん咲いてくるので、長い間楽しめるんですよ。あま~い香りがするものもありますから、春におすすめのお花です。

ネメシアは一色だけでなく、いろんな色のお花がありますから、好きな色を選んで植えられる楽しみもあります。

一年に二度、三度お花を咲かせることもありますから、春だけでなく、秋まで楽しむことができるものおいしいですよね。

今回は、春のかわいいお花ネメシアの育て方お手入れのポイントを紹介します。

ちょっと、おもしろい特徴がありますから、それもプラスしてお話しますね。

スポンサーリンク

ネメシアの育て方とお手入れのポイント


ネメシアは、いままでに何度か育てたことがあるお花です。

育ててみて不思議に感じたのは、夏くらいを境に終わってしまうものと、秋になってから、また花を咲かせてくれるものがあったということなのですね。

いまさらなのですが、ちょっと調べてみたら、一年草タイプと多年草タイプがあるみたいです。それで、納得しました。笑

ネメシアは、ある程度の寒さに耐えられるといわれていますが、わたしの住んでいる新潟では、寒くなってきたなぁ~と感じる頃に枯れていく感じです。汗

ネメシア

お花ひとつひとつは、小ぶりなのですが、ごしょごしょっと集まって咲きますから、決して貧相という感じはしません。

よく「キンギョソウを小さくした感じ」といわれますが、わたしは「う~ん・・・」って感じです。キンギョソウはキンギョソウじゃない?

キンギョソウっていうのは、こんなお花が咲きます。↓↓

キンギョソウ

あ。こうやって写真で見ると、ちょっと似ているかも。汗

みなさんは似ているって感じます?

ネメシアは、日当たりのよい場所に置いて、たっぷり日光浴をさせてあげるのがポイントです。

日照不足になってしまうと、ヒョロヒョロっとした姿になってしまいますし、お花の色味も悪くなってきてしまうことがあります。

お花はツボミの分だけ、どんどん咲いてくれます。ひとつのお花は2週間くらいもつといわれています。(育てたことはあるけど、咲いている期間まで計ったことないやw)

ですが、お花が咲いている間は、あまり雨にさらさない方が長持ちするような気がします。

私の実感ですが、雨にあててしまうと、なんていうか、お花が汚くなってしまったり、傷んだりすることが多いのですね。

梅雨の時期などは、軒下で管理した方がよいと以前に教えてもらったことがあります。

店頭に並ぶものは、きっとハウス栽培されたものなのだと思いますが、もともとは、乾燥気味な土地で育つお花なのだそうです。

放っておけば、水切れしてしまうのですが、どちらかというと、普通のお花よりは水やりの頻度は控えめな、2日に1回くらいでも育ちます。

育てる環境にもよると思いますから、土が乾いたらお水をあげるというのが基本的な水やりのペースです。

ネメシアの茎葉が茂ってきたら刈ってあげましょう。


ネメシアは、一見、控えめな感じがするのですが、育ててみると、思っているよりも茂ってくることがあります。

とくに、梅雨の季節などは、茂り過ぎていると蒸れたり、湿気を帯びやすくなりますから、適度に刈ってあげて、風通しをよくしてあげるとよいです。

たまたまなのかもしれませんが、ネメシアって、剪定してあげると、脇芽が出るんです!だから、剪定しても時間がたつと、また、そこそこ茂ってきますよ。

そうそう!

全部をくりくり坊主にするわけではありませんし、あくまでも、茂ってきたらってことです。絶対に刈りこまないといけないというのでもありませんよ。

こういうのって、むずかしいんですけど、放っておいても育つっていうパターンが結構ありますよね。笑


ネメシアは適度に葉っぱの裏側で健康チェック!


ネメシアは、わりと長い間お花を楽しむことができます。

せっかくお花を咲かせてくれるのだから、適度に声掛けもしてあげたいですね。笑

話かけろというのではなくて、挨拶のかわりに葉っぱの裏側をチェックしてあげてほしいのです。

ネメシアは、葉っぱの裏側から、病気のようになったり、虫がついたりということが起こります。

葉っぱの表面からの異変であれば、気が付きやすいのですが、裏側も適度に見てあげてくださいね。

もし、アブラムシやハダニなどが出てくれば、お薬での対処が必要になります。お店の方に相談してみると教えてくれますよ。


ということで、今回は春のかわいいお花「ネメシア」についてお話しました。

ネメシアは、小さな園芸店よりもホームセンターのガーデニングコーナーなどのほうが、出会える確率が高いように思います。

店内の園芸コーナーだけでなく、屋外でもお花の販売がされていますから、お休みの日にでもぶらりしてみてくださいね♪