多肉植物シナモン

今日は私のお誕生日!彼女がいるわけでもなく、とくに何も起こりませんけどナニカ。笑

なんて思っていたら、朝からサプライズがありました。

いつものようにお仕事に出かけたら、デスクの上にプレゼントが置いてあったのです♪

お仕事で関わっているみなさんから、メッセージ付きの多肉ちゃんを頂きました!

しかも、ナイスなチョイス♪多肉植物シナモンちゃんがニッコリ顔を出しましたよ~。

こんなサプライズが起こるなんて想像もしていませんでしたから、朝から飛び跳ねるくらい嬉しくて大興奮です!

今回は、お誕生日プレゼントに頂いた多肉植物のシナモン育て方についてお話します。

多肉植物のプレゼントが想像以上に嬉しい♪


お誕生日に多肉植物のプレゼントって、とっても小粋で斬新です。

まさか、プレゼントに多肉ちゃんをもらえるなんて、誰も想像しませんよね?

普段、何気な~く話ていた多肉植物のこと。わたしだけが楽しくなっていることも多々あったのですが、覚えていてくださったのですね。

それで、シナモンちゃんを頂いたというわけです。

わたしの大好きな多肉植物だったから嬉しいっていうのもあるのでしょうけど、その気持ちの方が何百倍もうれしいですよね。

お恥ずかしながら、あまりの嬉しさに「わっ!わっ!わっ!」と謎の言葉を発し、小刻みにピョコピョコしてしまいました。汗

人って、想像を超えた現実に直面すると、謎の行動をとるものなんだなぁ~と実感しましたw

自分のことながら、オモロw


シナモンの育て方。そもそも多肉植物だったの?


シナモンって聞くと、シナモンスティックやお菓子作りなんかで使うパウダーを想像してしったと思います。

だけど、それとはまったく別物の多肉植物です。

シナモンは、フサフサの毛がはえた、ウサギの耳のような多肉植物。月兎耳(ツキトジ)と同じ、カランコエ属の仲間です。

こんがり焼けたような焼き色が、なんだか美味しそうですね。(※食べてはいけませぬぞ。)

シナモンに特化した育て方があるのかは、正直、わたしにはわかりません。汗

一応、シナモンの鉢に挿してあったプレートには次のように表記されています。

置き場所は、気温5度以上の軒下。風通しのよい、明るい室内。

水やりは月に1~2回。真夏と真冬は控えめに。


え。汗 本当名かなぁ。ちょっと違うような気がするんだけどなぁ~

シナモンは月兎耳(ツキトジ)の仲間ですから、同じように育ててあげればよいと思うのですね。

まず、通年で日当たりのよい場所に置いてあげます。

だけど、夏の日差しは強烈ですから、直射日光があたらない軒下などに移動してあげるとよいと思います。

シナモンは、表面にフサフサの毛が生えています。

だから、水に濡れてしまうのはよくありません。毛がはげてしまったり、葉や茎も傷みやすくなったりしてしまうのですね。

ちょっとくらいなら大丈夫なのですが、雨が長く続くときや、水やりの際には気をつけたいですね。

ツキトジは、乾燥に強い多肉植物ですから、シナモンも乾燥には強いと思います。この手の多肉植物は、お水のあげ過ぎに注意しないといけませんね。

乾燥に強い植物は、逆に湿気に弱いということもあります。風通しのよさも大切です。空気が流れる場所に置いてあげてくださいね。

ツキトジを育てていくと、茎が伸びて下葉が落ちるようになります。株元に近い茎の部分は、木質化して木のようになっていくこともあるのですね。

だけど、異常なことでも何でもないので、育て方が悪かった~とか思う必要はありません。

姿形の変化も多肉植物の個性ですから、どうなっていくかを楽しみながら育ててみてくださいね。


ということで、今回はプレゼントで頂いた「シナモン」についてお話しました。

きっと、周囲から見たわたしは「多肉植物が好きな人」なんだと思います。笑

そんなわたしに、シナモンをチョイスしてくるなんて、とってもセンスがありますよね!

今日は、職場のデスクの上で多肉ちゃんを見ながら仕事ができました。

職場では荒みがちなわたしですが、とっても和やかで穏やかに過ごすことができましたよ♪

こういうのって、きっと運命の出会いってヤツですw この一鉢は、絶対に大切にしたいと思います。