多肉植物と水やり男子

多肉植物と水やり男子

室内で育てられるグリーンインテリアを愛でながら、愛猫と暮らす日々。初心者でも失敗しない観葉植物の選び方、多肉植物の育て方のコツを紹介します。

アイビーやポトスは水挿しのまま育てられますか。植え替えをしますか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
entry36.jpg

育てやすい観葉植物であるアイビーポトス。大きく育ってきたときには、一部を切り取って水に挿しておくだけで、根っこが出てきてくれます。

グラスに水挿ししているだけでも、どんどん根っこが出てくるし、茎やツルも伸びて成長してくれるので、見た目にも十分楽しむことができます。

ところで、水挿しで育っている植物は、そのまま育てることができるのでしょうか。それとも、土への植え替えを考えた方がよいのでしょうか。
この記事の続きを読む

室内で育てる植物がなかなか成長しない理由は、温度管理だけではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
entry35.jpg

室内観葉植物多肉植物を育てていると、いまいち成長していないような気がしますよね。

植物のお世話をするときに、肥料を与えたりすることもあると思いますが、屋外で育てているものに比べると、期待していたほどの効果が上がらないこともあります。

室内管理をしていれば、夏の暑さや、冬の寒さで急激な温度差を体験させずに育てることもできます。

そうなると、あたたかい室内で育てている植物は、年中成長しやすい環境にあるといえそうですが、どうして成長が止まるのでしょうか。

今回は、ちょっと意外な植物の成長止まる理由についてお話しします。
この記事の続きを読む

うさぎの耳、月兎耳が来ました。毛がフサフサしている多肉植物の育て方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
entry34.jpg

毛がフサフサしていて、見た目がとってもキュートな多肉植物うさぎのみみ」。月兎耳ツキトジ)って書かれていることもあります。

今日は、ちょっと興奮しています。ずっと欲しかった「うさぎの耳」をゲットできました!耳の先っちょは、茶色になっています。本当にうさぎの耳みたい。

多肉植物には、産毛のような毛が生えている種類もあるのですが、育てるときには、気を付けておきたい育て方のポイントがあります。今回は、このポイントについて紹介します。
この記事の続きを読む

明るい蛍光灯なら植物は育つ?ワット、ルクスはいくつがよいですか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
entry33.jpg

観葉植物多肉植物を育てたいけれど、お部屋の窓の位置の関係で光が入りにくかったり、玄関などの窓のない場所に置きたいというときに、どうやって光を確保したらよいのでしょう。

そのような観葉であれば、室内灯(蛍光灯や電球)で光を確保するしかありませんよね。だけど、蛍光灯や電球でも植物は育つのでしょうか。育つのであれば、ワット数やルクス数などの基準があるのかということが気になります。

今回は、植物を蛍光灯の光で育つのか、どのようなものを選べばよいのかについて紹介します。
この記事の続きを読む