• このエントリーをはてなブックマークに追加

entry63.jpg

切り込みのある大きな葉っぱ、穴が開いた葉っぱが特徴的なモンステラ。お部屋にあるだけでも、十分にその存在感をアピールしてくれますよね。モンステラは初心者にも育てやすい観葉植物のひとつです。

ですが、モンステラの性質上、置き場所や水やりに気を付けないと、枯らしてしまったり、ダメにしてしまったりすることがあります。少しの気遣いで、失敗をさけることができますから、上手に育ててあげましょう。

今回は、モンステラの置き場所水やりの方法を中心にお話します。

スポンサーリンク

モンステラに適した日当たりや置き場所はどこ?


モンステラは、通年で室内の「明るい日陰」で育てることができます。「明るい日陰」とは、レースのカーテン越しに日が当たる、窓際などのあかるい場所をさします。

室内で育てると、葉の色や艶が弱い感じになりがちです。真夏、真冬以外の季節であれば、屋外で日光浴させるのもよいと思います。急に日光に当ててしまうとよくないですから、半日かげから慣らしていくようにするとベターです。

モンステラは、暑さには強いですが、寒さには弱いのが特徴です。0度以上あれば、冬越しできるといわれていますが、秋から冬にかけては、急激に気温が下がり、露や霜で冷え切ってしまうのもよくありません。

葉っぱが落ちてしまったり、残念な姿になってしまったりすることがありますから気を付けてくださいね。

気温が15度を切るようになったら、室内へ移動して育てるようにしましょう。品種によっては、デリケートなものもありますから、目安は15度とお伝えしておきます。

基本的には、風通しのよいところにおきますが、乾燥に強い植物ではありません。乾燥し過ぎないように湿度を保ってあげることで元気に育ってくれます。

乾燥は、ハダニの発生にもつながります。乾燥対策として葉水を与えるのも有効ですね。カイガラムシの発生にも気を付けたいところです。カイガラムシは、風通しの悪い場所で発生しやすいですから、少しでも空気が流れる場所が好ましいのです。

モンステラの水やりの方法。葉っぱの露は要チェック。


モンステラの水やりは、基本的に「土が乾いてきたな」と感じたらあげるようにします。これがむずかしいところです。土が乾いたかどうかを判断するのには慣れが必要ですね。

タイミングを間違ってしまうと根腐れにつながりやすくなります。だけど、はじめてでも乾き具合を知る方法があります。過去記事で紹介していますので、ご覧になってくださいね。(→「失敗しない水やりの方法。根腐れさせないタイミングを知る3つの方法。」)

モンステラは大きく育つことが多いです。そうなると、鉢のサイズも大きくなってしまいますよね。鉢が大きくなると、鉢の中の土が乾ききるのには時間がかかります。

水やりのタイミングは、鉢を傾けたときの重さではかるようにしましょう。水を含んでいるときと、乾いているときの重さの違いは、感覚でわかるようになってきますよ。


モンステラ水やりの目安


春(3月~5月) やや乾かしぎみにする
夏(6月~8月) 土が乾いたらあげる。毎日になることもある。
秋(9月~11月) やや乾かしぎみにする
冬(12月~2月) 乾かし気味にする


「やや乾かし気味」というのは、土が乾いてから、3日くらいたった後が目安です。葉っぱがしんなりしてきているなら、3日待たずとも、お水をあげてください。

モンステラは、葉から露をこぼすことがあります。これは、サイトイモ科の植物でよくみられることなので心配はありません。ですが、水やりが多すぎると起こりやすい一面もあります。露がこぼれるようになったら、水やりをひかえて乾かし気味に管理しましょう。

モンステラの肥料の与え方。どんな肥料がよい?


肥料は、冬以外の季節に、緩効性の固形肥料を2か月に1回程度あげるようにします。もしくは、液体肥料を2週間に1回与えるのもよいと思います。

モンステラがぐったりしているときは、すぐに施肥しないようにしてください。肥料は、弱っているから与えるものではないのです。「成長のためにあげるもの」と割り切っておきましょう。

わたしは、梅雨の時期、真夏、真冬は植物に手をかけすぎるとよくないと感じています。よかれと思ってのことでも、ダメージになってしまうことが多いのです。ですから、梅雨の時期、真夏、真冬は、施肥や植え替えなどは極力避けるようにしていますよ。

モンステラの仕立て直しの方法は?


モンステラのつるが伸びすぎたり、茎が伸びすぎたりしてきたときは、ハサミでカットしてしまいます。切った部分は挿し木に利用しましょう。上手くいけば増やせるチャンスです。

モンステラは、茎の節付近から発根しやすい特徴がありますから、カットする位置の目安にします。葉っぱがまったくない状態でも、茎を横に伏せておくと発根してきます。


ということで、今回はモンステラの水やりや置き場所などをお話しました。モンステラは大きく育ちやすい観葉植物のひとつです。育つにつれて、自己アピールが強くなってきますから、十分に可愛がってあげてくださいね。

育てていると、気根という根っこのようなものが、茎の脇から生えてきます。これは放っておいてよいものですから、切ったりしないほうがよいと思います。

見た目に気になる方も多いと思うのですが、これもモンステラの生命力の強さの象徴、魅力のひとつと思って受け入れてあげましょう。そして、気根の出ている位置はカットするときの目安になったりもしますから、後々たすかることも多いですよ。