• このエントリーをはてなブックマークに追加

5月は初夏どころか夏を思わせるような日もありますよね。GWをすぎると一気に春から夏へ向かい出すような気配を感じる毎日です。

春は多肉植物がぐんぐん成長する絶好のシーズン!水やりでの根腐れを心配される方も多いですが、それほど心配しなくても事件は起こらないのではないでしょうか。

ところが、ときどき訪れる「暑い」と感じるような晴れの日は、植物たちもぐったりしがちだからと、水やりをしてしまうと、これが大誤算の始まりになることが多いのです。

今回は、春から夏にかけて気をつけたい多肉植物水やりのポイントについてお話します。多肉植物に初挑戦する方は是非、参考にしてみてくださいね。

多肉植物の水やりは根腐ればかりを気にし過ぎ!

多肉植物を育てるときに、必ずといってよいほど登場するのが「水やり」ですよね。

たしかに、水やりは大切なポイントのひとつなのですが、インターネットを見ていると、「失敗すると根腐れする」というようなことばかりが強調されているように感じてしまいます。

これでは、初めてチャレンジする方もビビってしまったり、難しく感じてしまうのではないかと心配しています。汗

多肉植物といっても、そもそもは植物ですから、ちょっとくらいのことがあっても、そうそう簡単にダメになったりはしません。だから、難しく考えすぎなくても大丈夫です。

「水やりは毎日必要なものではなく、土がしっかり乾いてからあげればよい」くらいに構えていて十分だと思っています。実際そんなもんですよ。笑

それと、少しくらい水やりの間隔(頻度)が短くなったとしても、すぐに根腐れしたりしませんから、気にしすぎなくても大丈夫です。

ところが、今回お話しようと思っていることは「水やり」。気をつけてポイントは、水やりをするときのお天気と気温なのです。

夏日の水やりは多肉植物をダメにする可能性大!

多肉植物の水やりは、基本的には朝か夕方がベストだと思っています。昼間の水やりは、できるだけ避けた方が無難だと思っているんです。

春先や秋ならば、それほど気にせずともよいのですが「夏日」のフレーズが聞こえだしたら要注意です。

夏日というのは、ざっくりと「気温が25度以上になる日のこと」くらいに聞いていてよいのですが、多肉植物にとっては重要なポイントだと考えています。

あくまでも、わたしの体感での話なのですが、25度前後の予報が出ているときというのは、日中はそれ以上に気温が高くなることがありますよね。

このようなときに水やりをしてしまうと、急激な気温上昇で多肉植物が蒸し上がるように、蒸れが急加速で悪く働くことがあるんです。汗

例えば、夏のスコールのような雨の後、急にカンカン照りになるようなときも同じような現象がおこるんですよね。涙

多肉植物は暑さにもそこそこ耐えるものが多いですし、寒さにもそこそこ耐えることができます。これは本当にそうだと実感しています。

ですが、どの品種であっても、蒸れには弱いと思っておいたほうがよいと思うんです。蒸れが原因でダメになってしまうことって意外にも多いんですよ~。

これから数カ月のうちに、他の多肉ブログでも話題にあがってくるはず!梅雨や夏の多肉被害は、毎年必ず起こってしまうものなんです。

そうならないために、多肉植物愛好家たちは、日々、頭を悩ませているんですけど。笑

多肉植物の水やりは25度と30度が重要なポイント

多肉植物の水やりは「25度」と「30度」が重要なポイントになるのではないかと思っています。これは、あくまでも、わたしの経験での話です。

多肉植物の水やりを検討するときに、気温が30度以上になる日は、朝や日中の水やりは見送ります。こういうときは、いろいろなトラブルが起こりやすいですから、水やりをしない方がよいと思っています。

気温が25度以上になるときは、朝や日中の水やりは控えて、夕方に水やりをするようにします。夕方に水やりをすると徒長しやすいといいますが、毎日の話ではありませんから、わたしは気にしていません。笑

実際に、それが原因で徒長したと感じるようなことはありませんよ?もしかしたら、わたしが鈍感なのかもしれないですけど。汗

多肉植物の水やりは、根腐れのことばかりが注目されがちですが、気温との兼ね合いで蒸しあがり現象が起こることもあります。

わたしの暮らしている新潟は、梅雨や夏は地獄のようなシーズン。べっとりするくらいにジメジメするような日々が続きがちです。

多肉たちにとっても過ごしにくい日々が続きますから、水やりのタイミングは様子をみながら試してみないといけませんよね。毎年、毎年、気候が変化しているような気がして、ホントに訳がわからない毎日です。笑

ということで、今回は多肉植物の水やりについてお話しました。

普段は、こういう切り口での話題ってなかなか無いような気がしたので書いてみました。新潟の3ヶ月予報では、例年よりも暑い日が続くそうです。今年は冷夏だって聞いていたのに・・・。涙

今回の記事が、みなさんの参考になれば嬉しいです。