• このエントリーをはてなブックマークに追加

サンセベリア

になると室内向け多肉植物が店頭に並びます。

多肉植物はぷりっぷり、ぷくぷくな葉っぱがチャームポイントなのですが、観葉植物のように、しっかり鉢で育てるタイプの品種も意外と多いのですね。

2017年の冬はサンセベリアアロエがどど~んと大量入荷されていました!

ところが、わたしがイメージしていたものとは姿形が違っていて、とってもユニークなものが多くて「コレ何!?」と二度見してしまうほどでした。

今回は、冬におすすめの室内向け多肉植物についてお話します。

サンセベリアには、いろんな種類やタイプがあります。

サンセベリアというと、わたしが真っ先にイメージするのはトラノオ!

まっすぐ伸びる硬い葉っぱが、ザクっと土に刺さったような姿の定番のものです。

季節にもよりますが、長ネギみたいに抜いた状態で店頭に並んでいることもおおいですよね。笑

わたしは今年、小さな鉢植えを購入して育てたのですが、しっかりと大きく育ってくれました。脇目も何個もでてきましたよ♪

サンセベリア

サンセベリアは、本当によく育つ植物で「鉢を割ってしまう」といわれるくらい根っこがしっかり発達します。

水やりは気がついたらあげるくらいで十分育ちましたよ。ほとんど放置気味にしているくらいが丁度よいのではないかと思っています。

さてさて。

昨年は棒状のサンセベリアが売場を占めていたように感じています。

棒状のサンセベリアの先っちょに赤、青、黄色のペイントをして、色鉛筆みたいに仕上がったものが、やたらと目にとまったのですね。

ところが、今年のは一味も二味もちがってしました!

サンセベリア

「うぎゃあ!なんじゃこりぁ~!!」

すごい迫力ですよね(笑)。わたしは、てっきり何かの間違いが起こったか、海外からの珍しいサボテンの仲間が並んだのかと思いました。

もちろん、見たこともない形でしたから、ネームプレートを確認してみたら「サンセベリア」と書かれていたのです。

最近は、こういうインパクトがあるものが好まれているのかなぁ?

サンセベリアドワーフ

こっちは、なんだか小さなオモトのみたいな感じに見えたんだけど、これもサンセベリアの仲間!

見た目だけでは、本当にわからないものが多いですなぁ~。

自分の中のイメージとは、まったく結びつかないユニークさに衝撃の嵐でした。

こういうパターンって、結構「あるある」なんですよねw

なんだろう~って思ってい見てみたら、知っている名前が書かれていたり、その仲間だったり。だけど、こういう小さな発見が、楽しかったりもするんです♪(←こういうのありません?笑)

続いてはこちら!

アロエ_ティキ

遠目に見た瞬間は「十二の巻」とかのハオルチアだと思ってしまいました。

だけど、近づいてみると葉っぱが違う。ネームプレートには「アロエ」と表記されていたのですね。

アロエって、ヨーグルトとかのパッケージにもかかれているような、ギザギザの肉厚な葉っぱの植物ってイメージがありませんか?

わたしは、アロエと聞くとギザギザ、トゲトゲなイメージを抱いてしまいがちです。

だけど、こういうおしゃれなタイプのアロエもあったりして、アロエといえども侮れないのですぞ。奥がふかい~♪

そうそう。多肉植物の中では絶対の地位を占めているハオルチア。

それこそ、超高級品種といってもよいのではないかと思えるくらい、価格も別格ですよね。

だけど、図鑑でしらべたときには、アロエ属って書かれていて「えぇ!?ハオルチアってアロエの仲間なんだぁ!!」と衝撃を受けたことを覚えています。

だから、ハオルチアといわれていても、アロエっぽい雰囲気を感じる品種があるのは、そういうことなんだぁと、子供のようにウキャウキャ喜んでいた自分がいました。

間違いない記憶だと思うんだけど、いまは、少し区分けというか、グループ分けが変わってきているみたいです。

植物の構造とか、育つ過程とかで、区分けというかグループ分けが変わってくることもあるみたい。

サンセベリアやアロエはハイドロカルチャーにするのもあり!

サンセベリアやアロエは、観葉植物のように土に植えていても、買ってきたままの状態で育てていても問題ないと思っています。

だけど、お部屋の中に土を持ち込みたくないという方もいらっしゃいますよね。

そんなときには、ハイドロカルチャーにチャレンジしてみるのもおもしろいですよ!

ハイドロカルチャーっていうのは、水耕栽培(水栽培)のことです。

100均でもハイドロカルチャー用の資材や道具が並んでいますから、気軽にはじめることができます。

わたしのハイドロ挑戦記が過去記事にありますので、どうぞご覧になってみてくださいね。

過去記事:「ハイドロカルチャー挑戦記

ということで、今回はホームセンターで盛り上がりを見せている、サンセベリアやアロエを紹介しました。

これから年末にむかって、お花や植物の販売ブースは盛り上がっていきます。

観葉植物のコーナーにも、大きめな多肉植物が並ぶことがありますから、是非、ぶらりと立ち寄ってみてくださいね!

お宝にであえるかもしれませんよ♪お宝発見報告を楽しみにしています!