• このエントリーをはてなブックマークに追加
母の日、カーネーション

ゴールデンウィークが本格的に始まります!せっかくの連休ですから、帰省やレジャーなど、普段なかなかできないことを楽しむにもよいですよね。

この時期のお花屋さんや園芸店では、母の日フェアが開催されていることが多いのですね。

母の日5月の第2週の日曜日。まだ、ちょっと先と思っていると、あっという間に母の日がやってきます。

母の日は、年に1回の特別な日。季節の行事を利用して、ささやかにでも感謝の気持ちを伝えられる大人でいたいなぁ~と思っています。

ところで、母の日にカーネーションをプレゼントするのはド定番になっていますよね。

「どうせもらうなら・・・」なんて、言われてしまうこともあるのですが、それでも、カーネーションを贈りたい3つの理由があるのです。

スポンサーリンク

花は特別なときに贈るものだから。


母の日に限らず、お花を贈ったり、プレゼントしたりするは、特別なときが多いですよね。もちろん、特別な人に贈るときもそうです。

わたしは常々思っているのですが「花を贈る」っていうのは、お花を贈りたいというよりも「特別な気持ち」を贈っているのだと思うのです。

だから、どんな花でも贈る側の気持ち!だって、花を添えるっていう言葉があるくらいですから。笑

園芸やガーデニングが趣味でもなければ、なかなか自分でお花を購入する機会は少ないかもしれません。

母の日は、年に1回の特別な日。普段、伝えられない感謝の言葉とまではいかなくても、さりげなく感謝の気持ちを伝えるきっかにはベストだと思うんです。

ありがたいことに、日本では「母の日=カーネーション」のように、カーネーションが定着しています。

かしこまって、いろいろ語らなくても伝わるものがあるのは、とても助かったりしますね。(わたしだけかな?汗)

鉢植えや生花は縁起がよい!活気と華やかさの象徴。

entry241.png

母の日に贈るお花といっても、「傷んでしまえば終わり」と考えて、造花やドライフラワー、ブリザードフラワーを選ぶ方も多いと思います。

たしかに、きれいなお花は長く楽しみたいという気持ちがありますよね。

それでも、わたしは「鉢植え」「生花」を選んでもらいたいなぁと思うんです。

鉢植えや生花は「活気」「華やかさ」「瑞々しさ」の象徴でもあります。お祝いなどのときには、生命力のあふれる生きたお花の方が縁起が良いといわれているんですよ。

そうそう!

「鉢植えなんて高そう」って思われる方も多いかもしれませんよね。

お花屋さんで購入すると、立派なものが贈答用にラッピングされていて、それなりのお値段になっています。

だけど、ホームセンターやスーパーの特設コーナーや、園芸センターなどで購入すると、600円~1,000円くらいで立派な鉢植えのカーネーションが購入できるんですよ♪(※つぼみが多いかも。)

それと、鉢植えのカーネーションは、母の日シーズンだけでなく、玄関先などに置いておくと、秋から冬にかけて、またお花が咲いたりもします。

わたしが昨年、母に贈った鉢植えは、スーパーのようなお店の片隅にあったものを買ったのです。たしか700円でおつりがきたくらいのものです。汗 

母さん、ゴメン!あれ、そんなに高くないやつだったんだ~!笑

だけど、年に2回お花が咲きましたし、雪の下になった今春も、しっかり元気な緑色を見せてくれています。

ちゃんと育っているんです。とても信じられませんが本当なんです。汗

季節や時間をさりげなく意識できることって大切。


entry241.png

生花や鉢植えは、たしかに時間とともに弱ったり、枯れたりするものですよね。

わたしたちの生活って、生活自体は楽でなくても、それなりに豊かな状態にあると思うのです。

だけど、合理的になりすぎると、それも問題になることがあるのですね。

以前にも紹介したことがある「生活不活発病」。みなさんは覚えていらっしゃいますか?

過去記事:「NHKあさイチが生活不活発病に警鐘。対策、予防に園芸ガーデングがおすすめ!

これといった病気ではないけれど、やる気が出なくなったり、元気がわいてこない。日常生活に億劫なことが増えてくる。そんな、つかみどころがない状態のことです。

だれにでも起こりうることだとは思うのですが、その対策としてとても有効なのが「季節を感じること」なのだそうです。

ありがたいことに、日本は四季を感じることができる環境にあります。

その季節ごとの暑い、寒いだけでなくて、季節の野菜、季節の果物、季節の花、季節の器、ささやかなことでもよいので、生活の中で季節を実感してもらいたいと願っています。

ちなみに、園芸やガーデニングはとてもよいそうです。笑 お散歩もとても有効なんですって!

鉢植えや生花は、時間とともに状態が変化しますから、それを意識するだけでも、ココロやカラダにプラス効果がありそうですよね♪

ということで、今回は母の日にカーネーションの鉢植え、生花を贈りたい3つの理由についてお話しました。

植物やお花って、なんとなく忘れてしまわれがちだけど、行事やイベントでは欠かすことのできない存在ですよね。

日本以外の国でも母の日がある国もあるみたいで、贈る花も国によって違うそうです。

世界の母の日って、どんな感じなのかなぁ~?なんて思ってしまう、のんきなはなのあなのです。


どうでもいい話なのですが、5月から、実家暮らしに戻ることになりました。

だから、今年の母の日はちょっと気合い入れないといけないかなぁ・・・なんて。笑