パキフィツム、星美人

つい先日、ぶらりと花木総合センターに足を運んだときのことです。

夢のような宴に遭遇しました。多肉植物の美人三姉妹こと「星美人」が、お店のあちこちに姿を現したのです。

わたしは、星美人がきちんとお店に並んでいる場面に遭遇したことがなかったので、すっかり興奮して、舞い上がってしました!

さぁさぁ。ついに、念願の星美人収穫祭のチャンス到来!もちろん、みつけた3つを購入しました♪

今回は、大好きな多肉植物だけを集めた「美人の寄せ植え」を紹介します。

それだけでは、さみしいので、はじめて多肉植物を購入される方へ、損なお買い物をしないようにするためのポイントもプラスしてお話しますね。

ついに、パキフィツム「星美人」を大量ゲット!


以前にもお話したことがあるのですが、わたしは、まぁるいプリプリの葉っぱが実る多肉植物が大好きなんです。

その中でも、パキフィツムというグループの多肉ちゃんを探していたのですが、お店ではなかなか出会うことができなかったのですね。

それで、今回の出会いをとても喜んでいるのです。笑

パキフィツムの中でも「星美人」「月美人」「桃美人」という3つの品種をどうしても手にいれたいと思っているのですね。

だけど、このお嬢様方は、お育ちがよろしいようで、ネットで購入しようにも、ためらってしまうようなお値段がついていることが多いです。

ちなみに、わたしが躊躇するお値段のボーダーラインは400円。笑 

いつもは250円くらいまでのものを選んでいるんです。地味にケチくさくてごめんなさい。汗

そんな、お嬢様のひとつが1個200円で並んでいたのです。

これは、絶対に買い!お得過ぎると思います♪

200ccの計量カップにおさまるくらいのサイズで、これくらいのものが欲しかったのですね。

この間のオパリナと一緒に植えたらどうなるかなぁ~?

こうなりました!↓↓

パキフィツム、星美人、オパリナ

う~ん/// とってもよいです///

こういうのって、何よりも自己満足が一番大事でしょw

この浅いプラスチックの鉢は、わざとコレに植えてみました。・・・って写ってないや。笑

星美人やオパリナは、上からジャブジャブ水やりをしてしまうと、表面の粉がおちてしまったり、葉っぱの中心に水滴が溜まって腐ったりすることがあります。

長雨などにも、弱い一面があって、意外とデリケートなのですね。

だから、水やりは、鉢底から水を吸わせる「底面潅水」(ていめんかんすい)であげてみようと思っています。

この子たちは、湿気や蒸れにも弱いといわれていますから、余分な土を極力少なくしておきたかったというのもあったりします。

多肉植物を買うときは、お値段と量をよく見て!


ところで、多肉植物を購入するとき、ちょっとしたことでお値段が変わってしまうことがあるのですね。

例えば、売られているときの鉢の大きさで、お値段は全然違っています。

同じ鉢のサイズでも、多肉植物の育ち方や株の数によっても、お値段は違ってきます。

売り場に並んでいる多肉植物は、どれでも同じお値段とは限らないのですね。

多肉植物のネームプレートや、パッケージデザインを見ると、販売元(メーカー)が、それぞれに違っていることがわかります。

「どこのものがよい」というのは、特にないのですが、はじめて購入するならば、次の5つのポイントで選んでみてください。

・1つ300円を目安にする。(お金があっても400円まで)
・自分の親指より小さいものは選ばない。
・茎が無駄に伸びていないこと。
・葉っぱや茎にハリがあり、下の方の葉っぱが元気であること。
・茎の根元が黒くなったり、傷んだりしていないこと。

多肉植物は、高いからよいというわけではありません。

ホームセンターや園芸店で購入するのであれば、200円~400円くらいが相場です。

全体的に、ギュット実(葉)が締まっていて、ハリがあるものを選ぶとよいですよ。

だけど、小さすぎる苗は、ちょっとした環境の変化でダメになってしまうことがあるので、親指サイズを基準に選んでみてくださいね。


多肉植物は、自分の気に入ったもの、好きなものを育てるのが一番の楽しいと思います。

はじめは無茶をせずに「ワンコインで楽しむ」を目安にチャレンジしてみてくださいね。

今回の記事が、皆さんの参考になればうれしいです。