• このエントリーをはてなブックマークに追加

大寒波到来に全国の多肉植物愛好家も悲鳴をあげる日々が続いています。ですが、多肉植物にとって第二の紅葉シーズン!

1月末から2月上旬は、綺麗な赤色、紅色の多肉植物がどんどん入荷されるタイミングでもあります。もちろん、他の品種も一緒に入荷されますから、多肉売場からは目が離せませんよ!

最高に綺麗な状態の多肉植物と出会ってしまうと、思わず購入してしまうことも多いのですが、冬の多肉植物は大きな落とし穴を秘めていることも多いのです。

今回は、ビギナーの方は必見!紅葉が綺麗なおすすめの多肉植物絶対に買ってはいけない多肉苗の見分け方についてお話します。

冬の多肉植物は「大人の魅力」がポイント!

多肉植物はぷくぷく、ぷりぷり、肉厚な葉っぱでギュッとしまった感じがチャームポイントだと思っています。

もちろん、品種ごとの姿形や色味も大事なのですが、わたしたちが普段目にする多肉植物のイメージは、ほんの一部分でしかないのですね。

冬の多肉植物は「大人の魅力」で勝負してくることがあるのです。

春、夏、秋と季節を経てきた多肉植物は、背丈が高くなって茎が木のようになってくることがあります。(木質化って表現されますね。)

下葉がとれてきますから、木の枝先に多肉が咲いたような姿になってくれるのですね。何かの間違いかと思うほど、見事に咲き乱れることもありますから、チャンスがあれば是非、ご覧になってもらいたいと願っています。

わたしの勝手な思い込みかもしれませんが、木質化するほど立派に育った多肉は、多少のことではへこたれませんし、雨や雪にもへこたれず凌いでしまうことが多いように感じています。(←あくまでも体感的な話なのですが、そんな感じしません?)

紅葉綺麗な紅色の多肉植物をピックアップ!

昨年の夏から引き続き、なんだか異常な気候に見舞われている冬ですよね。ここ数日の寒波は本当に忌々しさを感じるくらいの厳しさです。

だけど、この白い世界にも「負けないぞ!」と頑張っている多肉植物もたくさんあるんですよ♪

火祭り、多肉植物、クラッスラ

いよいよ本格的なシーズン到来と名乗りをあげたのは「火祭り」さんです。毎年、雪を目にするようになると真っ赤な姿を見せてくれるようになりますね。

火祭りは本当に丈夫ですし、適当にカットして土に挿すだけでバッチリ発根、定着してくれる多肉植物です。

わたしは火祭りとの相性は、そこそこよいみたいで、昨年は本当にたくさん増やすことができました。(※この寒波で全滅だと思いますが。涙)

多肉植物、オーロラ

虹の玉やオーロラのように玉のような葉っぱを付ける多肉植物も、どんどん紅葉が進みます。紅葉な進みすぎているんじゃない?っていうくらいに、真っ赤を通り越した真紅にそまることもあるくらいです。

冬場の苗は茎が木質化しているものが店頭にならびますが、この季節はそのくらいのほうが安心して春を迎えられます。

春になったらカットして仕立て直しす楽しみもありますから、一度はチャレンジしてみてもよい品種のひとつだと思っています♪

花の司、ハムシー

花の司、ハムシーは、新潟の冬では定番の多肉植物のひとつです。夏場と違って、葉っぱの先やフチが桃色に色づいてきます。

葉っぱ全体が色づくように見えるものもありますから、本当にお花のように仕上がることもあるくらいです。

新津フラワーランドでは、木質化した茎の先に咲き乱れるように葉をつけたハムシーの鉢が並んでいますよ。茎から脇芽がぽこぽこ出てきている感じもたまらない!

あまりにも綺麗だったので、何度も売場を行ったり来たりしてしまいましたw

この姿になるには時間がかかりますから、買うなら今なんだけどなぁ~。あ~迷うなぁ~w(結局、まだ購入はしていませんが、これを書いている今も迷っていますw)

冬の多肉苗にご用心。絶対に株元を確認するべき!

冬の多肉植物は決して不良品だというわけではありません。

ですが、冬だからこその危険も含んでいるので、絶対に見逃せない「はなのあ流チェックポイント」があるのです。

過去の失敗から学んだことなので、きっとみなさんの役に立つと思います。

冬の多肉苗は、鉢やポットの中に落ちた下葉が溜まっていることがあります。枯葉がごっそり入っていることもあるのですね。

これが大問題!

多肉植物の枯葉や落ち葉がたまった鉢は、そこにカビが発生していることがあるのです。ちょっとではなく、ガッツリな場合もあるくらいです。

秋の終わり頃や冬の多肉苗は、株元をよくチェックしてから購入するようにしましょう。カビが発生していては、どこまで蔓延っているかわかりませんから。汗

せっかく購入したのに、株元から逝ってしまうのは、本当に悲しいことです。

ということで、今回は冬の多肉植物についてお話しました。

1月末から2月にかけては、シーズンならではの花や植物のイベントも盛りだくさんです。

今年の多肉植物売場は、もうすでに昨年とは全然違った商品が店頭に並んでいます。多肉植物の傾向も変わってくるかもしれません。

いよいよ週末!ホームセンターの売場も動きが出てくると思うので、是非、ぶらりしてみてくださいね。

今回の記事がみなさんの参考になれば嬉しいです。