ホーム室内植物の育て方 ≫ WAYCOM植物育成ライトの評価・レビュー。本当に効果があるのか検証してみた結果と問題点。

WAYCOM植物育成ライトの評価・レビュー。本当に効果があるのか検証してみた結果と問題点。

WAYCOM植物育成ライト

室内で観葉植物や多肉植物を育てようとすると、どうしても日照不足になりがちですよね。

日照不足は、植物にとっては不健康のもと。なんとかして打開策を考えたいところです。

そこで、わたしが試した方法のひとつに「植物育成ライト」があります。

「植物育成ライトがあれば、室内でも植物が元気に育ちます!」なんて言われていますが、本当に効果はあるのでしょうか。

雨の日が続いたり、冬の日照時間の短さをカバーすることができたら、小躍りしてしまうくらいにうれしいですよね!

今回は、わたしが購入したWAYCOM植物育成ライトについて、実際に使ってみてわかった効果メリットデメリットをお話したいと思います。

スポンサーリンク

WAYCOM 植物育成ライトを購入した理由


わたしが購入した「WAYCOM 植物育成ライト」。昨年の秋にAmazonで3,000円くらいで購入しました。

現在は、2,350円になっていましたから、多分、当時よりも安くなっていると思います。

なぜ、このライトを購入することにしたのかというと、どうしても植物を室内で育てたかったからです。

わたしが住んでいる新潟は、夏と冬が長くて、春と秋は、あ~っという間に終わってしまいます。

お天気も曇りがちだったり、雨、雪などが多かったりで、多肉植物はどうしても日照不足になってしまうのですね。汗

わたしのお部屋が西向きということもあり、観葉植物も日照不足になりがち。おかげで、何度も失敗してしまいました。

だけど、なんとかして植物を室内で元気に育てられないかと思って、たどり着いたのが植物育成ライトだったのですね。

多くのものは、電球のような形をしていたり、スポットライトのように、本当に狭い範囲に光を照射するものばかり。

わたしは、もっと広範囲を照らせるものが欲しかったのです。

そこで発見したのが「WAYCOM 植物育成ライト」だったのですね!

WAYCOM植物育成ライトの良いところ


WAYCOM 植物育成ライトを実際に購入するにあたって決めてになったポイントは4つあります。


・ライトが蛍光灯のような形で広範囲を照らせる。
・自由に角度調節できるフレキシブルアーム。
・足元のクリップで棚に固定できる。
・LEDライトなので発熱を抑えることができる。


まず、何はともあれ、ライトが広範囲を照らすことができる点はすばらしいと思います。

このライトを点灯すると、8畳のお部屋でもかなり明るくなります。ベッドに置けば、十分に読書ができるくらいの明るさはあります。

だけど、ライトが発する光はピンク色(赤が強い紫色)。何とも言えないムーディーな雰囲気をかもしだしてくれます。汗

アーム部分は、フレキシブルアームになっていますから、角度や高さなども調節できて、狙った位置にや方向に光を当てることができます。

植物は大きさや高さが一律ではありませんから、調節できるととても助かるのですね。

ライトの足元は、そのまま置いても使えるし(※自立します。)クリップになっているので、棚板などをはさんで固定することもできます。

これが、とても心強い!

このライトは、フレキシブルアームですから、角度や位置を調節してしまうと、とても不安定になるのです。

だから、クリップでしっかり固定できないと、転倒したりしてまったく意味がなくなってしまいますね。

最後に、WAYCOM植物育成ライトはLEDライトですから、消費電力も抑えて使うことができます。

それに加えて、発熱がすくないのですね。つまり、植物への負担が少なくてすむのです。

わたしは、いろんな意味で安心して植物育成ライト使いたいのです。笑

ということで、この商品には4つの良いところがあるのですね。

ここまでは、表向きの良いところです。だけど、実際に使ってみると、問題点もいくつか目についてくるのですね。

わたしが実際に半年くらい使ってみてわかったことも含めて、お話しようと思います。

【ブログランキング参加中】あなたの応援クリックが励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへにほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

WAYCOM植物育成ライトの問題点やデメリット


さぁ、リップサービスはここまで!「WAYCOM植物育成ライト」には言いたいことがいっぱいあるのです。笑

ここからは、わたしが実際に使ってみたから言えることを含めて、問題点やデメリットをお伝えしようと思います。

まず!まず!まず!!!

わたしがAmazonから購入してビックリしたのは、商品が届いて開封した瞬間です。もう、この瞬間から事件が起こるのです。

WAYCOM植物育成ライトには日本語の説明がない。


「WAYCOM植物育成ライト」はパッケージと思われる箱に入っていたのですが、日本語の表記は一切ありませんでした。涙

よくわからないのですが、韓国語が中国語で書かれていたと思います。(箱を捨ててしまったので何とも証明できなくて、すみません。汗)

さらに、説明書は一切はいっていません。商品が入っているだけです。

Amazonのページには日本語での商品説明や写真がたくさん掲載されていましたから、てっきり、日本語の説明書くらいはついてくると思っていたのです。

とても信じられない光景に絶句しました。さらに、もっと問題があります!

USBケーブルだけで、電源アダプターが入っていない。


Amazonの「WAYCOM植物育成ライト」商品紹介ページには次のように表記されています。


多様な給電方式:USBケーブルでPCより電源を取れるほか、DC電源も通用し、バンクパワーよりも電源が供給できます


「USBケーブルから」と書かれているのですが、本当にUSBケーブルしか入っていません。

つまり、コンセントから電源を取ろうとするなら、別途、電源アダプターを準備しなくてはいけないのです!

「はぁ!?多様に電源供給できるのと違うんかい!!」

わたしは、めまいがしてきそうなくらいショックでした。だって、このままじゃつかえないじゃん!

いちいちパソコンにUSB接続するなんて、バカバカしいですよね。

わたしのパソコンはデスクトップ型なので、ノートみたいに持ち運びなんてできないし。

こんなに不親切なことってあっていいの!?(怒)

WAYCOM植物育成ライトの発光にばらつきがある。


わたしは、この商品を2台購入したのでわかったことがあります。

これ、当たりはずれみたいな感じで、ライトの発光にばらつきがあります。

植物育成ライトは、「青いランプ」「赤いランプ」が細かく組み込まれていて、電気をつけると紫色になるはずなのですね。

だけど、赤が強かったり、青が強かったり、発光にも差があります。汗 均一にライトが点灯するわけではないのですね。

これっていいの?もしかして、不良品だったのかなぁ・・・

クリップが弱すぎて、ものすごく不満!


これも、わたしが実際につかってみてガッカリしたことです。

まず、ライトの足元部分で自立できるのは、本当に限られた格好のときだけです。

アーム部分を動かしてしまえば、まったく自立は不可能。

その上、固定用のクリップ部分が、めっちゃくちゃ弱い!下手をすると、このクリップが外れないように、さらに固定する必要があるかもしれません。

なので、板を縦にはさんで固定するなんて絶対に不可能です。

もう、わたしのイラダチはピークに達しました!我慢の限界です。怒

「だけど、安かったから仕方ないかぁ~・・・」

・・・そうだよね。そこだよね。価格相応かも。汗 こう考えて、アタマとココロに折り合いをつけました。

期待が大きすぎたみたいで、実際に商品を手にしたときには残念な気持ちの方が勝ってしまいました。涙

だけど!まだ、忘れちゃいけないことが残っています!

WAYCOM植物育成ライトは効果があるのか?


さぁ!おまたせいたしました。

植物育成ライトは効果があるのか?これがとっても大事ですよね!

結論を発表します!


「効果あり」です♪(ニッコリ)


これは、本当に効果が実感できました。

だけど、どの植物にも共通して同じような効果がでるのではありません。

多肉植物には、ほとんど何の効果もないと思います。

だけど、観葉植物には効果がありました!

わたしが、ハイドロカルチャーで育てていた「ピレア」という子がいたのですが、植物育成ライトを使う前は、徒長しまくりで、ぐったりしていました。

だけど、植物育成ライトを当てるようにしてからは、葉っぱも茎も上を向いてくれるようになりました。

新芽や葉っぱもどんどん出てきてくれて、ビックリするような回復をみせてくれたのですね。

これを目の当たりにしたときには、本当にビックリしました!よい意味での驚きです♪笑

だけど、この子以外は、何か変化があるわけでもなく「そのまま」でした。

もしかすると、ライトを当てなかったために、衰退していたのかもしれません。だけど、効果の実感といわれる・・・というのが正直なところです。


それでは、ここまでのお話をまとめてみますね。


WAYCOM植物育成ライトのメリット


・ライトが蛍光灯のような形で広範囲を照らせる。
・自由に角度調節できるフレキシブルアーム。
・足元のクリップで棚に固定できる。
・LEDライトなので発熱を抑えることができる。

WAYCOM植物育成ライトのデメリット


・日本語の説明がない。
・USB用の電源アダプターが入っていない。
・ライトの発光にばらつきがある。
・固定用のクリップが弱すぎる。

WAYCOM植物育成ライトの効果


→ 植物によるけど、効果はあり!


ということで、今回はわたしがネット通販で購入した植物育成ライトについてお話しました。

あくまでも「わたしが感じたこと」ですから、みなさんにとっては、違う見方や感じ方があってもよいと思っています。

でも、何だかんだ言っても、慣れてくると、あたり前のように活躍してくれていますよ。笑

植物育成ライトって、聞こえや説明はとってもステキなんですけど、実際に効果があるかどうかというと、使ってみた人の感じ方によるかなぁ~って感じです。

もし、星の数で評価するなら、★★☆☆☆(★2つ)です。

わたしの期待が大きすぎたから、こう感じるかもしれせんが、何事も試してみないとわからないものですね。

今回の記事がみなさんの参考になればうれしいです。

スポンサーリンク


関連記事

コメント

Re: タイトルなし

> morimido さん

ポトスくんは、そういうのないですね~

雫がおちるかわかったら、また教えてください^^

レオンごっこwwwwww

やりたい!やりたい!たのしそうw

はなのあ。 | 2017.05.15 01:02 | URL


そうそう、サトイモ科(ポトス、モンステラ、セローム etc.)って、調子が良いと水をよく吸い上げて葉先から出しますよね、朝とか特に。アグラオネマはどうかな・・・?アグラオネマの生育期って7月から9月の暑い時期だと思うんですよ。東南アジア原産の植物なので、30度を超える暑い時に成長するみたいです。去年はあんまり意識しなかったんですが、今年の夏はじっくり観察してみます^^でも、ポトス(今うちには3種類のポトスがあります)程は水を出していなかったような気がしますよ。

ちなみに、アグラオネマの中でも、「アグラオネマ・プシュードブクテアツム」という品種が特に丈夫で耐陰性が高いそうです。

日光浴をさせる時に、アグラオネマの鉢を抱えて「レオンごっこ」するの、結構楽しいですよ。はなのあさん好みの葉色の素敵なアグラオネマが見つかるといいですね^^

morimido | 2017.05.10 19:12 | URL[ 編集 ]


Re: タイトルなし

> morimido さん

追加情報ありがとうございます。^^

葉水って、観葉植物育てるときには、結構、大事ですよね!

わたしは、構うのがすきなので、こういうお世話は大好物ですw

サトイモ科の植物って、自然と葉っぱから水がこぼれることがありますよね。(水滴ができるっていうか・・・)


この子はどうです? 季節によって、水滴がでやすいとかありますか?

すみません。質問ばっかりで 汗

はなのあ。 | 2017.05.09 03:41 | URL


Re: タイトルなし

>morimido

アグラオネマの情報ありがとうございます^^

耐陰性って、実際に育ててみないとわからないものですよね。
だけど、morimido さんの体験談がとても参考になりました。


ネットで見てみたんですけど、めちゃくちゃいろんな子がいるんですね~♪
コレクターさんがいるのも納得です。

レオンのアグラオネマって、結構、重要なそんざいですよねw
わたしも買ってみようかなぁ~♪

はなのあ。 | 2017.05.09 03:35 | URL


あ、虫は、毎日葉水して(湿気好きなので、葉水は重要らしいです、私ときどきさぼっちゃいますけど^^;)葉裏を観察してれば、ハダニとかカイガラムシとかも防げます。かなり丈夫な葉っぱです。水が好きなので、土選びを失敗するとコバエが出ることもありますが、きちんと土を整えればこれも大丈夫です。基本的には、同じサトイモ科のポトスやモンステラと同じ扱いで大丈夫です。耐寒性のないポトス、モンステラ、といった感じです。暗さには本当に強い!たまにレースカーテン越しの明るい日陰で日光浴させてますけど、直射日光厳禁で葉焼けします。種類も豊富ですし、ホームセンターや園芸店に置いてあったら、是非一度チェックしてみてくださいね^^

morimido | 2017.05.03 07:23 | URL[ 編集 ]


そうそう!紹介した記事でも「一日9時間、なるべく近くでLEDライトを当てる」とのこと。9時間って・・・。卓上ランプじゃ無理ですね^^;

アグラオネマ、とっても素敵なんですよ^^私は、「とにかく耐陰性のある植物を!(窓のないキッチンに置きたかったんです)」と思って、たまたま買ったんですが、今はとても気に入ってます。葉の迷彩模様が綺麗でとてもハンサム君ですし、お水好き(生育期は多少水あげ過ぎても大丈夫)、とにかく丈夫(耐暑性がとても強いです。私の部屋、夏は室温35度越えますが、次々新芽が出てきます)、冬は水やりを極力控えるだけで冬越しできました。ちなみに、私の部屋、冬は暖房無しの朝方(一番冷えるときですね)で、11~12度くらいです(多分アグラオネマ的にギリギリ許容範囲)。

アグラオネマ専門のコレクターがいるのが分かるくらい、美しい植物だと思います。ちなみに、「レオン」で使われたのは、アグラオネマ・カーティシーでは、と言われています。銀白色の模様が入って、すごく綺麗なんですが、とても高価らしいです^^;「レオン」、良かったですよね~。

morimido | 2017.05.03 07:12 | URL[ 編集 ]


Re: タイトルなし

> morimido

植物育成ライトって、ちょっと魅力的ですよね。

実際に効果のあるものもあるみたいなんですけど、
専用のハウスにつるすような大きなもだったりで、
一般家庭には不向きかなぁと思ったんです。

それで選んだのですが、なかなか、現実ってきびしいですね・・・

そうそう。ふつうのLEDでもいけるみたいなんですけど、
なんだか、波長がどうのこうの・・・zzz

ってかんじでよくわからなかったので、
最初から、製品化されているものがいいかなぁ~なんて。

アグラオネマ!

レオンのやつ!レオンのやつ!

あの子、チャレンジしたことないんですけど、育ちがいいんですね!
しらなかった~! わたしの部屋でもそだつかなぁ~w
12度は、室内ならギリギリ大丈夫かも・・・汗 だめかなぁ。さむいし。

虫とかでやすかったりします?

はなのあ。 | 2017.05.03 02:33 | URL


Re: タイトルなし

> のんびりうさぎさん

あはは^^ 楽しんでもらえてよかったですw

だけど、正直「先に言ってくれい!!」ってことが多かったです。

そうそう!まさにまさに、うさぎさんのおっしゃるとおりで、

心はひろくないんですけど、結構、イラっとしましたwww

本当に、2台購入したのでわかったことなんですけど、

ライトの機械自体にあたりはずれがあるみたいで、

数回つかっただけで、ライトがつかなくなったものもあるみたいなんです。


だけど、結論としては「自然がいちばん」♪

自然界のルールをネジ曲げようとしたらいけないんだなぁ~って思いましたw

はなのあ。 | 2017.05.03 02:28 | URL


おはようございます^^

今回の記事、とても興味深く読ませて頂きました。というのも、偶然しばらく前に私も、「室内ライトの光で植物育てられないかなぁ」と思って色々調べてみたんです。私の場合、室内の良く日の当たる場所はもう観葉植物でぎっしり、あとは日の差さないパソコンデスク上しかない、テーブルヤシは育っているけど、もう少し良い環境を、というのが動機です(^^;)

色々調べてみたら、どうも普通のLEDライトでも育つみたいですよ^^もちろん耐陰性の低いものはだめですが。
https://hitohana.tokyo/note/2379
↑ここの記事、参考になりますよ!

はなのあさんの試された、熱帯魚水槽や水草水槽の栽培などでも使われる専用ライトは、赤や紫(青)系で、部屋がムーディーになりやすく、私は女性なので、「あの、夜のお店系の色合いはちょっと、、、無理かも、、」と思っていたので、普通のLEDライトを試してみようかな、と思っています。

ちなみに我が家の耐陰性の高い植物第一位は、ポトスでもヘデラでもなく、アグラオネマです。あの、「レオン」でジャン・レノが育ててた植物ですね。どんな観葉植物も育たなかった日陰でも平気、サトイモ科で根が丈夫、迷彩模様のシュッとした葉っぱが素敵なんですが、弱点は耐寒性が弱いこと(12度以上必要)ですね。なので、はなのあさんちの環境では少し厳しいと思われます^^;

morimido | 2017.04.30 09:32 | URL[ 編集 ]


はなのあさん! 朝早くから笑わせていただきました。 ごめんなさい(m_m)

はなのあさんでもイラつき怒ったりするんですね。

それに、植物に対して、そこまで試行錯誤されているとは、脱帽です(;゚ロ゚)💦

わたしは割と自然任せ! 今ある環境に適応するように頑張れっ!!てな感じ、、、あぁ~大ざっぱ!!

育成ライトの発光にバラつきがあるなんて?! わたしなら絶対に許せません💢
はなのあさんは2台購入したから分かったことだけど1台しか購入しない人は、それが当たり前と思い使用するってことですよね!(怒)(`ε´)プゥー!!

育成にバラつきでますよっ!絶対に!
はなのあさん! 安かったからって許される問題では、ありません(*`Д´*)💢💢
まずは品質重視!!です。
安くて良い品でしょ!?

説明書は無い! アダプターは別売りなんてェ〰! (`へ´)フンッ。

2台も購入して許してしまう。心の広い、はなのあさん。
あーあっ。わたしなら送り返します。

でもぉ~。
救われた多肉ちゃんがいてくれて、はなのあさんも救われましたね。

種類によって効果あるか、ないか?バラつきあるのは仕方ないですねっ。
でもぉ~。発光のバラつき!
やわやわクリップぅ➰📎

使っていない、わたしまで怒り爆発です。
はなのあさんの怒り!困惑振りが伝わってきます(笑)💦

のんびりうさぎ | 2017.04.30 05:58 | URL














管理者にだけ表示