多肉植物と水やり男子

多肉植物と水やり男子

室内で育てられるグリーンインテリアを愛でながら、愛猫と暮らす日々。初心者でも失敗しない観葉植物の選び方、多肉植物の育て方のコツを紹介します。

観葉植物を上手に育てる方法。元気に育つ理由はお店にあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ウキウキ気分で観葉植物を買ってきたのに、数日たったら元気がなくってきました。もう、あのお店にはいきません。

こんなガッカリ体験をされた方のお話しに、心が苦しくなります。わたしも経験がありますから、お気持ちはよくわかります。

だけど、チョットまったコールです!

丁寧にお世話していたのに、弱ってしまう植物、枯れてしまう植物たち。いったい何が悪かったのでしょうか?

不思議に思ったわたしは、いくつかのお店を回っている中で、上手に育てるポイントを見つけました。
この記事の続きを読む

観葉植物の選び方。耐陰性があれば日陰で育つは間違いでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

entry01.png

お部屋植物育てるときに、絶対にチェックしておきたいポイントのひとつは「耐陰性」です。耐陰性とは、読んで字のごとく「日陰に耐える特性」という意味。

「うちの植物は耐陰性があるから大丈夫!」なんて思っていませんか?もしかしたら、それは間違いの始まり、悲劇のはじまりになるかもしれません。
この記事の続きを読む

プライバシーポリシー・免責事項・著作権について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の続きを読む

水やり男子こと、はなのあプロフィール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ「多肉植物と水やり男子」へ来てくださってありがとうございます。
当ブログの管理人、水やり男子こと、はなのあです。

飼い猫のだいちゃんと暮らしています。
(※現在は、実家暮らしにもどってしまいました。)

職場とおうちの往復の日々。恋愛にも仕事にも、どこかのめり込むことができず、ふわふわと手応えのない毎日が流れていきます。

時計とカレンダーを眺めては、ただただ過ぎていく時間にうんざり。

特に趣味もなく、他人にアピールできることも少ない僕は、30が迫る頃から「このままじゃ、自分が腐ってしまうかも!?」と危機感を抱くようになっていました。

それでも、時間だけは容赦なく過ぎて行きます。

夏から秋に変わる頃。その日は何だかいつもより疲れていました。それなのに、交差点の赤信号に足止めをくい、イライラさせられていたのです。

そこへ一瞬のそよ風が吹き、目を向けると、太陽の光をいっぱいに浴びて、キラキラに輝くお花の彩りとグリーン鮮やかさが、飛び込んできました!

「うわぁ!すっごくきれい。こんなのあったっけ?!」

あまりの感動に、それまで抱えていたモヤモヤや疲れなんて忘れていました。汗

それどころか、小さい頃、お花や植物が大好きで、名前なんてわからなくても育てて喜んでいたことを思い出させてくれたのです。

「そうか!お部屋にグリーンがたりなかったんだ!」

なぜ、そう思ったのか、正直、自分でもわかりません。笑

けれど、これが水やり男子のはじまりです。
すごく単純なところから、水やりストーリーがはじまりました。 この記事の続きを読む