• このエントリーをはてなブックマークに追加
entry52.jpg

道端でコスモスを目にすることがあります。誰が植えたわけでもなさそうなのに、きれいな花を咲かせていますよね。コスモスの花のイメージといえば、ピンクや赤紫のような色を想像するのではないでしょうか。

ところで、黄色いコスモスがあるという話を知っていますか?黄色いコスモスは「キバナコスモス」という名前なのですが、これによく似た花「オオキンケイギク」が特定外来生物に指定されています。

わたしも、写真で確認したのですが、初めてお花を見たときには、パッと見では、全然区別ができませんでした。でも、きちんとした見分け方があり、教えてもらったら一発で分かるようになりました。

今回は、黄色いコスモス「キバナコスモス」と「オオキンケイギク」の見分け方を紹介します。

道端でも黄色いコスモスが咲いているって本当?


道端に咲いている花って、意外と人の目に止まっているのですね。だけど「コスモスっぽ花」と感じても、自分の知っている色やイメージと違うと、なんだか不思議な気持ちになります。

黄色いコスモスっぽい花は、地域によっては道端でも見ることができます。だけど、道端に咲いている黄色いコスモスは「オオキンケイギク」という、コスモスとは別物であることが多いのです。

オオキンケイギクの画像がありますのでご覧ください。↓↓
entry52_01.jpg

ね!パッと見は、コスモスっぽいですよね?これなら、「黄色いコスモス」と思っても仕方ありません。それにしても、似ているわね。汗

繰り返しますが、これはオオキンケイギクという別の植物です。

オオキンケイギクは、本当に道端に咲いていることがありますし、道路の側に花畑のように咲いていることもあります。

ですが、特定外来生物に指定されている植物で、お家に持って帰ったりしてはいけません。厳しくルールが制定されていますし、むしろ、駆除しようと取り組まれています。くれぐれもご注意を。

ちなみに、黄色いコスモスこと「キバナコスモス」はこれです。「キバナ」といっても、色は黄色~オレンジ色まで、さまざまです。↓↓
entry52_02.jpg

キバナコスモスとオオキンケイギクの見分け方は?


キバナコスモスとオオキンケイギクは、どちらも黄色やオレンジ色の花を咲かせます。パッと見ではなかなか区別がつきません。

ですが、見分けるポイントが2つあります。画像を並べてみますので、クイズみたいな感じで楽しんでご覧くださいね!

花びらが違う!オオキンケイギクの花びらはギザギザ


entry52_03.png

2つの花の花びらに注目してください。よく見ると、ギザギザしているものと、先っちょだけが割れているものがありますよね。

ギザギザしている方がオオキンケイギクです。画像でいうと右側になります。左側はキバナコスモスです。よくみると違っていますよね。

キバナコスモスの花びらの先は、環境などによっては、オオキンケイギクのようにギザギザが増えることもあります。そうなってくると、花びらの形での見分けは難しくなってきますね。

そして、わかりやすいところでいうと、次に紹介するポイントの方が見分けの判断がしやすいと思います。それでは、いってみましょう!

オオキンケイギクの葉は細くスッとしています。


entry52_03.png

2つの花ではなく、葉っぱの形に注目してください。ちょっと見えづらいかもしれませんが、右側の花の葉っぱは、スッと細長く伸びるような形をしています。こっちがオオキンケイギクです。

そして、左側の花の葉っぱの形は、幅が広くて切れ込みが入っていますね。こちらがキバナコスモス。ぜんぜん葉っぱの形が違っていますよね。

葉っぱの形と花びらの形の2つを合わせて見てみると、全然別物だということがおわかりいただけたと思います。

それじゃあ、これは、キバナコスモス?オオキンケイギク?
entry52_04.jpg


それでは、ここまでのお話をまとめてみますね。


キバナコスモスとオオキンケイギクの違い、見分け方


・花びらの先の切れ込みの形が違う。(見分けポイント1)
・葉っぱの形が違う。(見分けポイント2)


道端に咲いている花や植物でも、思わず「えぇ!?」と二度見してしまうことが結構あるものです。

似ている花や植物を見分けることは、ちょっとした話題づくりにもなりますし、ゲームのように楽しむこともできると思います。

だけど、知識をひけらかすような話し方をしては、すべてが台無し。さりげなく、さりげなくがポイントです。(笑)