• このエントリーをはてなブックマークに追加

多肉植物

9月23日は秋分の日。この週末をきっかけに多肉植物が店頭にガッツリ並びはじめました!

夏場は流通自体が少ないらしくて、求めていても状態のよい苗に出会うことはむずかしかったと思います。

いよいよ、多肉祭りが如く、多肉植物に絶好のシーズン到来確定です。

この2日間は、わたしも仕事を早めに終えて、バッチリ多肉狩りをしてきました。

そこで、これまでに見なかった絶対にお買得な多肉植物の苗を発見!思わず買い占めてしまいたくなるようなおすすめ品です。

今回はお買得多肉植物の選び方と、超簡単な寄せ植えの作り方を紹介します。

多肉植物の値段が高騰している気がします。

多肉植物はテレビでも取り上げられるようになって、ますます人気が高まっている植物のひとつです。

毎年毎年、「多肉ブーム」といわれているような気もしますが、ふたを開けてみると少しずつ変化があるのですね。

わたしも多肉植物を楽しんでいるひとりなのですが、今年はとくに、店頭に並ぶ多肉植物の価格が高騰しているように感じています。

確かに、めずらしいものや大きな苗ならば仕方ないのですが、それにしても高くなりすぎている気がするのです。

パッケージがおしゃれになっていたり、高級品種とか、高級多肉とか表記されているものも出てきましたね。

たしかに、パッと見の印象はよいのですが、果たして価格と釣り合うかというと、ためらってしまいます。

商品が悪いというわけではないのですが、もっと初心者でも中級者でも気軽に楽しめるようになってほしいなぁ~って感じてしまいます。

秋の多肉植物どんどん入荷中!お買得な苗の選び方。

多肉植物は、たくさんの品種があって、どれを選べばよいのか迷ってしまいますよね。

はじめから難しく考える必要はありませんから、どうぞ気楽に眺めて、気に入ったものが見つかったら購入してみてください。

とはいっても、ビギナーの方には価格帯も困りごとのひとつになると思うのですね。

わたしがおすすめしたいのは「1本100円」、「1鉢300円」で見積もってみるという方法です。

このくらいの価格帯のものは、ホームセンターでも購入することができますし、1,000円で3~5品種購入できれば、十分、買い物上手です。

もちろん、100均で購入するのもありですよ。結構、お宝品種も混じっていたりしますから、穴場といえますね。

多肉植物は、珍しい品種になると価格が高くなってしまうのは仕方のないことだと思っています。

ですが、すごく大きく育っているからといって、700円、800円を出すのは大冒険。

大きく育っているものは、環境が変わると一気に弱ったりすることもあるので、ある程度慣れてからの方がよいと思います。

さて、今回、わたしが見つけてきた絶対におすすめな多肉植物はこれです!

ひとつのポットに3~4品種入った、ミニ寄せ植え。これで300円なんですよ!

この感じだと、大抵は500円で買えるかどうかの価格帯になっていることが多いはずです。

こんなにきれいで、バッチリ紅葉も楽しめるポットなら、はじめての方でも十分に多肉植物デビューできると思います。

 

紅葉したオーロラさん、火祭りなんかもいい感じ♪

このポットなら、100均のインテイリア雑貨を鉢替わりに使って、おしゃれに飾ってみるのもよいですね。

初心者でもできる!超簡単な寄せ植えの作り方

多肉植物は品種ごとに鉢分けして育てるのもよいですが、寄せ植えにしてみるのも楽しみのひとつといえます。

本格的に寄せ植えをするとなれば、組み合わせや管理方法など、いろいろ手間がかかってしまいます。

そこで、わたしがおすすめしたいのは「並べるだけの鉢皿寄せ植え」です。

上の画像がまさにそれです。ちいさなプラグ苗を植木鉢の受け皿に並べるだけなんです。

鉢受けは100均で買ったものなのですが、プラグ苗の鉢の高さにピッタリで、とってもいい感じなんです。

もちろん、鉢受けのかわりに別の容器をつかってもよいですね。

一時的な楽しみ方になると思いますが、本格的に寄せ植えするまでの仮住まいとして、是非、チャレンジしてみてください♪

これ、プラグ苗を鉢のまま並べているだけですから、配置の入れ替えもラクラクです。水やりも心配ありませんね。

 

ということで、今回はわたしなりに実践している多肉植物の選び方や楽しみ方を紹介しました。

この2日間は、これまで我慢していた多肉狩りを存分に楽しんできました!

じつは、これまでずっと欲しかった多肉ちゃんをついにゲットしてしまいましたw

このことは、また別の機会にお話したいと思います。

今回の記事が、みなさんの参考になればうれしいです。