• このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラゴンズブラッド

今回は、真っ赤な葉っぱがどんどん広がるドラゴンズブラッド育て方を紹介します。

真っ赤と言っても、ちょっと大人色のレッドがとってもおしゃれな雰囲気のムーディー系多肉植物ですw

ドラゴンズブラッドは、小さな鉢で数本の苗として店頭に並ぶこともありますが、グランドカバー用多肉植物として黒ポットで販売されるものもあります。

小さな苗を買うよりも、少し大きめの株を買った方が、安心して育てられると思いますよ。

実は、この画像のドラゴンズブラッドは、訳あり苗だったのですが、育てているうちにめちゃくちゃ元気にモリモリ茂ってきました!

その育て方の秘密は、思い出しただけでも笑えてしまうのです。

スポンサーリンク

ドラゴンズブラッドは雨や暑さに弱いって本当?

ドラゴンズブラッドは、紅葉するタイプの多肉植物です。

ですから、秋から冬にかけては、本当にきれいな大人レッドに染まってくれます。

地面に広がるような育ち方をしますから、順調に広がっていけば真っ赤な多肉畑のように、それはそれは綺麗な姿をみせてくれるんですよ。

逆に今の時期は、紅葉がさめやすいですから、緑色が強くなってしまうのは仕方ないかもしれません。

わたしのドラゴンさんは、まだまだ赤味が残っていますから、ほどよく綺麗でいてくれています。笑

ところで、ドラゴンズブラッドは、雨にあてない方がよいと言われることがある多肉植物です。

ですが、わたしは完全に最初から雨ざらしで育てているんですけど、ま~ったく弱る気配や、湿気でダメになる気配はありません。汗

訳あり苗みたいな感じで買ってきたはずなんだけど、めちゃくちゃ元気に生い茂っておりますw

あわせて、夏の暑さにも弱い一面があるともいわれているのですね。

もしかすると、これから被害報告することになるかもしれませんが、既に30度を余裕でこえている新潟の地。湿気が多くてむわぁ~ん・・と感じる新潟の地でも、まったく問題ないくらいに、涼しい顔をして過ごしているのです。

植物って、ある程度の育て方情報はあることが多いですよね。だけど、実際に育ててみると、若干、違っていることもありますから、それがまた発見になったりして面白いと思っています。

ドラゴンズブラッドの育て方のポイント

ドラゴンズブラッドはセダム属の仲間のひとつです。

宿根草ですから、冬になると枯れたような姿になるのですが、春になるとまた芽がでてくるタイプなのですね。

茎が伸びて広がるように育っていくのですが、それと同時に、ヒゲみたいな根っこが脇からはえてくるのを見ることができます。

結構、発根率がよいですから、茂ってきたら茎をカットして、挿し木のように増やすことができますよ。

ドラゴンズブラッドは、株元の通気をよくしてあげると良く育ちます。

群生するみたいに、茂っていきますから、狭い鉢にギュットつめ込むようにしてしまうと、株元から傷んでしまうことがあります。気をつけてあげてくださいね。

基本的には、日当たりの良い場所に置いてあげて、日中は日光浴をさせてあげるようにします。

お水は、土が乾いたらあげるようにします。と、なっているのですが、わたしは、他のお花にお水をあげるついでに、毎日あげるようになりました。笑

実は、後から気づいたのですが、「水やりをしていないのに、なんで土が湿ったままなんだろう?」って思っていた時期があったのですね。

そしたら、父が気を利かせてお水をあげていたのだそうです。汗

「お前、水やり忘れてたから、やっといたぞ」的な。

一瞬、あちゃ~と思ったのですけど、それでも元気に育つことがわかったので万事OKです。

訳ありドラゴンズブラッドが元気に復活した理由

わたしが育てているドラゴンズブラッドは、ちょっと訳あり商品で購入したものです。

どんな訳ありだったのかというと、徒長して広がりまくりの伸びまくり。パッと見た感じの姿が崩れてしまっていたから。

たったこれだけの理由なのですね。だけど、株元を覗いてみたら、全然傷みがなくて、芽が出ていたので大丈夫だと判断しました。笑

徒長はちょっと惜しいけど、それほど徒長している感じでもなくて、大きく育っているなぁ~くらいだったんです。

これは買うしかないでしょ! ほぼワケ無し商品ですから。笑

あとは、植えてあげるときに、水はけのよい土を使ってあげました。わたしがブレンドした土です。(軽石:鹿沼:赤玉を1:1:1で配合しています。)

あとは、ゴメンねと思うくらい外で放置気味に育てるだけです。日当たりと風通しのよい場所に置いただけなのですが、めっちゃくちゃ元気になりました!

やっぱり、自然の力と植物の生命力を信じるって大切ですよね。元気な姿を見せてもらえるだけでも、とっても癒されます♪

 

ということで、今回はドラゴンズブラッドの育て方をお話しました。

紅葉する多肉植物は、水やりが多くなると色がさめやすくなることがあります。逆に紅葉させたいときは、水やりを控えめにしたりするのですね。

色付きは日照と水やりと肥料のあげ方で変化しますから、プチ情報として知っておくと役立つ日が来ると思います。

それにしても、梅雨入りしているはずなのに、ここ数日、まったく雨が降らないなぁ・・・

もしかして、このまま明けちゃうのかな?