• このエントリーをはてなブックマークに追加

多肉植物のカット苗

多肉植物にはカット苗というものがあります。カット苗は育った多肉植物の一部を切って作った「挿し穂」のことですね。

とてもお手頃な価格で、立派な寄せ植えが作れるくらいに大量の多肉植物をゲットできる夢と希望の詰め合わせ。

4、5種類から20種類くらいがパックに入って店頭に並んだりすることがあります。

実店舗ではなかなか出会うことができないときは、フリーマーケットやYahooオークションなどが穴場になっているんですよ!

今回は、多肉植物のカット苗の購入方法注意点をお話しようと思います。

カット苗は春と秋が狙い目!購入時期に要注意。


多肉植物は、1種類ずつ小さな鉢やポリポットに入って店頭に並ぶことがほとんどです。

このような苗であれば、そのまましばらく育てることもできますね。

だけど、カット苗の場合は「多肉植物のあたまの部分だけ」がパックや袋に入っているような状態で購入することになります。

これを土に挿したり、土の上置いたりして、自分で発根させるところからスタートになるのですね。

たくさんの種類をお安く、お得に購入できるメリットはあるのですが、場合によっては、うまく発根してくれないこともあります。

ここが好みのわかれるところだと思うのですね。

カット苗は購入する季節をきちんと選べば、圧倒的に成功する確率の方が高くなると感じています。

多肉植物は春と秋がよく育つ季節!いまが狙い時です♪

この時期の多肉植物は、お水をあげればどんどん育つし、芽が出たり、根っこが出たりというのも自然に起こりやすいと実感できます。

仕立て直しをするのも、春と秋がおすすめの季節となっていますよね。

だから、春と秋にカット苗にチャレンジするのはとっても美味しい選択だと思っています♪

カット苗を購入するならフリーマーケットも狙い目!


わたしの地域では、花木総合センターのようなものがあったり、植物のフリーマーケットが開催されたりしています。

ふつうのお花屋さんや苗木屋さんよりも、イベントのような場面でカット苗に出会えることが多いように感じています。

世の中には、多肉植物を楽しんでいる方って、本当にたくさんいらっしゃいますよね。

多肉植物って、ハマってしまうと、いろんな品種が手元に集まってくるようになります。笑

そんな方々が、自分の苗の仕立て直しや、株分けをするときに出品してくださることがあるのですね。

だから、フリーマーケットなどでは、普段は店頭にならばないような品種と出会えることもあります!

もちろん、カット苗がごっそり出品されることもありますから、わたしは楽しみで仕方がありません♪

フリーマーケットのようなイベントに遭遇できないときは、yahooオークションなどを使ってみるのもありだと思います。

一度、探してみると、ビックリするくらいに多肉の宝庫になっているのですね。笑

自分の地元では、なかなか手に入らないような品種もお手頃価格で購入できることがありますから、是非、ご覧になってみてください。見ているだけでも、とても楽しいですよ♪

寄せ植え教室を開催しているショップも穴場!


多肉植物のカット苗は、寄せ植えに使われることも多いです。

お花屋さんやガーデニングショップで、多肉植物の寄せ植え教室のようなものを開催しているところは穴場です。

少なからず、寄せ植えに使う多肉ちゃんたちが店頭に並んでいるでしょうから、売り場をよく探してみてください。

意外と、パック詰めされたカット苗が店頭にならんでいたり、とれた葉っぱを集めていたりしますよ。

ところで、とれた葉っぱって、交渉したら分けてもらえるのかなぁ?やっぱり断られるかなぁ?意外ともらえたりしないかなぁ~なんてw


ということで、今回は多肉植物のカット苗についてお話しました。

サボテン愛好家のサークルとか、ガーデニングサークルなどでは、参加メンバーの間で苗の交換、種の交換なんかがあるみたいです。

多肉植物のサークルとか、同好会なんかがあれば、こういうやりとりもできそうなんだけどなぁ~。

はじめてでも参加しやすいサークルとかが地域にあったら、とても楽しそう!な~んて、一人妄想しているわたしなのですw