ホーム多肉植物の育て方 ≫ グリーンネックレスに深緑現象発生!水やりの失敗?腐るか枯れるかしそうな予感満載。

グリーンネックレスに深緑現象発生!水やりの失敗?腐るか枯れるかしそうな予感満載。

グリーンネックレス

グリーンネックレス再チャレンジから約3週間が経過しました。

1回目の水やり後も順調だったので、2回目の水やりをして約1週間たったところです。

ところが、2回目の水やり後、グリーンネックレスに少し異変が出てきたように感じています。汗

いよいよ恐れていた深緑現象が起こったみたいです。涙

深緑現象は、わたしが勝手に名付けたものなのですが、これが起こってはマズイことがラッシュのように押しせてくるのですね。

だけど、深緑現象が起こる一方で、ちょっと困ったことが起きていることにも気づきました。

今回は、グリーンネックレス育ててみてから約20日後の様子と、異変についてお話したいと思います。


スポンサーリンク

グリーンネックレスに深緑現象発生?


グリーンネックレスを育ててこわいのは、腐ってきたリ、枯れだしたりすること。

グリーンネックレスがダメになっていくパターンとしては、だいたい次の3つのどれかが起こります。

1.実が腐り出す
2.茎が腐り出す
3.茎が枯れだす

このどれかが見た目の変化として、わかりやすく発生するのですね。

だけど、いきなり「ハイ!」って起こるわけではなくて、前兆として深緑現象が起こるんです。

深緑現象っていうのは、グリーンネックレスの実が、みずみずしくて、水をはじく様なプリプリ感を失い、じっとりを水を吸収しだすような状態です。

実の色が深い緑色に変化してきますから、見た目にもわかりやすいのですね。

実を触ってみると、ぐにょっとつぶれてしまいそうな感触になると完全にアウトです。

こうなってしまっては、実が腐って、その周辺の茎が腐って、やがて枯れだしていくという負のスパイラスがはじまるんです。汗

頭の中では、ナウシカに出てくるばばさまが呟いてきます。「焼くしかないよ・・・」って。笑

そうじゃない!!笑いごとじゃなかったー!

いよいよ、わたしのグリーンネックレスにも、深緑現象が発生してきました。汗

この部分みて下さいまし!↓↓

グリーンネックレス

画像ではわかりにくいかもしれませんが、深緑現象っぽい感じがしてきています。涙。

この実は外側にあるので、最悪とってしまえばいいかなぁと思うのですが、問題は巻いてある中心。

この辺の大粒の実も、ちょっと深緑現象っぽくなってきています。汗

2回目の水やり後は、できるだけお日さまが当たる場所で、風通しよく管理していますから、室内でチャレンジしていたときよりも断然環境はよいはず!

とりあえずは、お日さまにあてて「乾けぇ、乾けぇ・・・」と祈りながら、見守っています。(あ。もちろん、ふつうに放置して仕事いきますよw)

これ、どうかなぁ・・・

深緑現象っぽい感じがプンプンなんですけど、先生!見ていたら教えてくださいまし。

ところが、これが起こっている反面、真逆の現象も起きているのです。

グリーンネックレスの先っちょが枯れだした。


グリーンネックレス

さきほどは、グリーンネックレスの深緑現象が起こった~!って騒いでいたのですが、それとは反対の現象も起こっているのですね。

グリーンネックレスは、つるが伸びるように育っていくのですが、つるの先っちょの新芽のあたりが枯れだしていたりもするんです。汗

もちろん、先っちょが完全にダメになっているのではないのですが、チョリチョリになったって感じのほうが適切かも。上の画像がその状態です。

2回目の水やりのときは、前回の水やりから約1週間たってからあげたのですが、お天気の良い日が続きましたから、実がすこし萎んでいました。

これは、水やりをするには絶好のタイミング!って感じだったのですが、先っちょがチョリっていることを考えると、水やりが遅かったかもですよね。汗

気温も高めだし、新潟はとにかく風が吹きまくりますから、乾燥しすぎたのかもです。

一方では、湿り気が災いし?、一方では乾きが災い?これは、なかなか楽しませてくれますよね。笑

わたしは、こういうの嫌いじゃないですぞw

あ!でもね。ちゃんと新芽が動き出しているところもあります♪

ちっこい芽が出てきているは間違いないし、とっても色艶もよいですから、この子が一発逆転要素になってくれることを祈っています。

さぁ、これらは私の思い過ごしなのか、それとも当たっているか、また時間がたったら報告しようと思います。


ということで、今回はグリーンネックレスの再チャレンジ3週間後報告をお届けしました。

奄美地方は梅雨入りしたみたいですよね。汗 多肉植物にとって梅雨の時期は山場のひとつになります。

梅雨入りする前までに、ある程度、状態よく健康に育っていてくれれば、乗り切れるのですが、弱っているとダメになる子が出てきます。

関東・甲信越地方は、まだまだ梅雨入りまでに時間がありますから、いまのうちにモリモリ育つんだぁぁぁぁ!!気合だぁぁぁぁw な~んてね。

スポンサーリンク


関連記事

コメント

そうですね!

日に日に暑くなってきているので玉葉が重ならない方が蒸れ防止になりますね。

ぐるぐる植えでなくても直線植えでいいような?
小さなプランターに?

見た目良くないですけどね(笑)💦
ほどくの大変そうですし…。

のんびりうさぎ | 2017.05.21 14:09 | URL


Re: タイトルなし

> morimido さん

アドバイスありがとうございます。

すみません。このコメントをよく読む前に、ほどいてしまいました。汗

だって、ほどかないと切れないとおもって、40分くらいかけてそ~っとほどいたところです。


芽の先がチョリってたら切るんですね?

すぐ脇に芽が出ているのでも、ここから枝分かれするのかとおもっていたんだけど、

思い切ってきることにします。


それから、深緑玉の茎も切ってしまいますね。

この切った部分は、復活するかもにかけて、別鉢で再生を試みてみます。


それから、全体をほどいたので、保険の茎もとれそうです。

さっそく切ってみることにしますね。汗

はなのあ。 | 2017.05.20 23:32 | URL


Re: タイトルなし

> のんびりうさぎさん

グリネくん、なかなかてこずっています。汗

だけど、何度もこっそりチャレンジしてきた感じと、今回のチャレンジでわかってきたのは、

基本的に、水を欲しがるタイプなんだと思えてきました。

ただ!植えてつけるときに、できるだけ、一本一本をていねいに土に広げて、

発根させるのが大事なんじゃないかと思うんです。

そして、できるだけ実が重ならない感じで植え付けることができれば、

途中からも発根するのできっとうまくいくはず!とはなのあ説ができあがりましたw

はなのあ。 | 2017.05.20 22:52 | URL


そうそう、グリネの植え替えで失敗した時は、植え替え後3週間程で「株全体が消滅、、、(涙)」って感じですよね。写真を見る限りではそういう嫌な雰囲気は感じないんです。

参考になるかどうかわかりませんが、私の先週植え替えしたグリネの班入りの方(普通のグリネは問題なし)の1つ(班入りは2鉢植え替えしました)が、植え替え後、玉葉が全体的に紫がかってきたんです。

*これ、今後もし班入りに挑戦される時に覚えておかれたほうがいいと思いますが、普通のグリネの「深緑玉」に相当するのが、「薄紫玉」なんです。元気な時は綺麗な「白+緑の班入り玉、ところどころ真っ白玉、で新芽がピンク」なんですが、調子が悪いor弱ってきたor水の吸い上げが上手くできてない時は、玉葉が淡く紫がかってくるんです。私はこれを班入りグリネの「死の紫」と呼んでおります・・・。なので、薄紫玉の混ざった班入りグリネの苗は絶対に買っちゃだめですよ!苗の段階でこれではほぼ枯れます(汗)

「これは、、、まずい(汗)」とは思ったんですが、そのまま4日程放置してから、いつもの通りたっぷりじっくり水をあげてまた放置。で、昨日見たら、何事もなかったかのように綺麗な白&緑色に戻っていました。植え替えではどうしても根が傷むので、一旦かなり弱ったものの、たっぷり水をもらって復活したんだと思います。もう1鉢の班入りは全く問題なかったので、これも株の個性と思っています。

「この部分見てくださいまし!!」の下あたりに見えるの、これ新芽ですよね?新芽が出ている以上はあまり心配しなくてもいいと思いますよ^^新芽は毎日観察してくださいね。

おっしゃることわかります。グリネの茎ってもう「知恵の輪」状態ですよね。下手にほどくと茎を傷めかねないので、弱っているっぽい茎もとりあえず放置、ですかね。多分そこは枯れてしまうと思うんですが、そうなったら枯れた茎は切り取ってください(茎の先端にも水分が届かず、いずれ枯れてしまうので)。それと、写真で指の上に置いている枯れた先っちょ部分、こういうところも2cm程切ってみてください。「摘芯」とはちょっと違いますが、こういう部分は切って新芽の展開を促しましょう。

気根の付いた挿し穂も取れそうにないですか?う~ん、それなら本体株の生命力に賭けてみますか!枯れた先っちょ部分を探して切ったら、あとはいじらず、1週間程は水をやらずに様子を見ましょう。水を好むとはいえ、グリネも多肉なので、調子が悪い時に水をあげると一気に枯れが進むんです(経験者)。良かれと思ってあげた水が毒になるんですね。なので、しばらくはできるだけ条件の良い場所(日が差すけど直射は当たらない、風が通る、雨水が掛からない場所)に放置&観察。1週間後の状態を見てから次の対策を考えましょうね。

ばばさまの「焼くしかないよ・・」的な心情はよくわかりますが、ここはぐっとこらえて、グリネの持つ生命力に期待しましょう!

morimido | 2017.05.19 07:14 | URL[ 編集 ]


Re: タイトルなし

> morimido さん

お返事が遅くなってすみません。

深緑玉は数個なんです。なんというか鉢の淵にくっついてしまった部分って感じ。

そこだけ切ろうかなぁと思ったのですが、おっしゃるとおり、くきの中間くらいなので、

とりあえず、放置して、消滅するなら消滅。いきるなら生きるを選んでもらうことにしました。

だけど、少しハリが出てきた感じもするので、死滅する一方でもなさそう。


それから、1本、弱っているっぽいくきがあるのですが、これも、巻いてしまっているので

もう、どことどこが、どうなっているのかわからなくなってきています。

ほどいて切ったほうがいいですか?実の色が茶色っぽくなってきました。汗


先っちょは芽が残っているんですけど、何かが枯れた後があるって感じですね。

これまでの失敗した子たちよりも、全然、グリネの姿形を保っているので

大丈夫なんじゃないかなぁ?とおもっているんですけど、

切るにしても、苗がまだ小さくて、切れないと思います。汗


取り急ぎ、状況報告です。 すみませんです。

はなのあ。 | 2017.05.18 08:34 | URL


う~ん、これはどうでしょうねぇ・・・。

実は私もつい先週グリネの植え替えをして(植え替え自体は今年2回目)、昨日植え替え後初の水やりをしたところです(もちろん水道下たっぷりじっくり方式)。植え替え後は、やはりどうしても玉葉や茎、根が傷むので、玉葉に枯れやつぶれが出るんですよ。初の水やり後はそこが濡れて深緑っぽくはなりますが、株本体が元気なら持ち直すんです(植え替えで多少枯れやつぶれが発生→その後ぐっと持ち直して新芽が出てくる、という感じです)。

ここ関西とは環境がかなり異なるようなので(私の住んでいるところは快晴で気温25~26度くらいかな)、できるなら直接はなのあさんのグリネさんを見に行きたいところですが、それは無理なので、とりあえず次の点を確認してみてください。

1.綺麗な緑色の新芽が出ていますか?新芽が出るということは、活着した(根が動き出した)ということなので、とりあえず根は元気なはずです。
2.深緑玉、結構たくさん発生してますか?3~4個ならそれほど心配する必要はないかな、と思いますが、5~6個とかなら「むむむ・・・」という感じです(汗)。
3.先っちょの枯れ、株の全体に出てますか?全体に出ているなら、やはり「むむむ・・・」かも(汗)

私なら、とりあえず次のようにしてからしばらく(1週間程)様子を見ます。
1.新芽の出ている茎は心配ないので、これはいじらずそっとしておく。絶対に触ったり動かしたりしちゃだめですよ。
2.3.深緑玉は最終的には消滅してしまうんですが、ここに水が掛かると腐り速度が加速して良くないですよね。でも、茎の途中の玉葉を切り取ったりすると茎を傷める恐れ大(で、ここから腐りが広がる)なので、ここは自然につぶれるまで放置、かな。それと枯れた先っちょからは新芽は出ないんです。なので、思い切って、枯れた先っちょ部分+玉葉2つ程付いた茎を清潔なハサミで切りとって、その後ろについている玉葉の下部分(通常ここから新芽が出ます)からの新芽に期待する。

最後の水やりからまだそれほど経っていないですか?それなら、株の全体から枯れた部分を切り取った後、1週間はそのまま水をあげずに風通しの良い場所で放置しておきましょう(切り口を乾かす+深緑玉の様子見)。切ったところから新芽が出てくれれば一安心なんですが。

*全株消滅を防ぐ危機回避策として、気根の生えた(写真にも写ってますね)部分を含む茎を7~8cm(もちろん玉葉付きで)綺麗なハサミで切り取って(まだ苗なので難しいとは思いますが、できれば2本程。新芽の出ている茎は切ったら駄目ですよ)、細粒の多肉用土(水はけの良い細粒のものがいいです)を7分目まで入れた素焼きの2.5号鉢に切り取った気根&玉葉付きの茎を置いて、「気根のついたところ(←ここ重要)」に細粒土をかぶせてから(全体にかぶせちゃだめですよ。玉葉が腐っちゃうんです)、霧吹きで茎全体&土表面がぬれるくらい水を吹きかけてあげてくださいね。で、風の通る明るい日陰に放置(しばらく毎日(できれば毎朝)霧吹きをしてあげる)。そうすれば、今なら1週間ほどで根付くはずです。

保険株を作る時は、慎重に茎を見て、絶対に新芽の付いた茎を切らないようにしてくださいね。グリネって茎が絡み合っているので、うっかり切ると「あぁぁ~~」ってなるので(経験者)、そこだけは慎重に。玉葉の様子がおかしくて「これは、やばいかも、、、」っていう茎でも、気根があれば結構挿し木で復活できるので、そういう茎を選んでみてください。

ここは思い切って、「本体株の傷んだところを切除(そこからの新芽に期待)+保険株の作成」という大手術をできれば今日中にでも敢行してください!不明点は何でも聞いてくださいね。頑張ってグリネさんを元気にしましょう!

morimido | 2017.05.16 07:24 | URL[ 編集 ]


おはようございます☀ はなのあさん!

えっ! 今まで順調に行っていたのに同時に2つの現象が起こるなんて(´Д`)💦

はなのあさんがグリネ君にリトライしてから、それ程、蒸し暑い日は無かったかと思うのですが、、、

大きい葉っぱは充分に水分を含んでいても小さな葉っぱは成長段階だから真逆現象が起きたんですね。

ヤッパリ!!
水やりの加減も難しいですねっ💦
これからも蛇口ジャバジャバ水やりで大丈夫か心配ですね。

でも、新芽も出てきているとのこと。
ここは、先生のアドバイスを待ち、グリネ君の生命力を信じましょう!!

のんびりうさぎ | 2017.05.16 06:19 | URL














管理者にだけ表示