• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
子持ち蓮華

ずっと探していた多肉植物子持ち蓮華!やっと出会うことができました。

子持ち蓮華(コモチレンゲ)は「子持ち」というくらいですから、子株がどんどん出てくるオモシロ植物です。

元株は蓮華のお花のような形をしているのですが、子株はぴょ~んと触覚みたいな感じで飛び出してくるのですね。

この育っている感がたまらなくて、わたしはどうしても欲しかったのですね。笑

わりと成長が早い多肉植物ですから、見た目の変化も楽しみやすいと思います。

今回は、子持ち蓮華の育て方と、ぴょんと飛び出してくる子株増やし方についてお話します。

スポンサーリンク

夢と希望がいっぱい!子持ち蓮華の育て方


子持ち蓮華は、とにかく繁殖力が強い多肉植物です。

とにかく親株から、ぴょんぴょんと子株ができる「ランナー」が出てきますから、とってもにぎやかな姿になっていきます。笑

春と秋はぐんぐん育つ時期ですから、まさに今がチャレンジするのにも良い季節といえますね。

ランナーもどんどん広がるように育ってくれるんですよ♪

春と秋は日当たりのよいところに置いてあげて、土が乾いたらお水をあげるという育て方でOKです。

もちろん、風通しがよい場所に置いてあげると、もっと喜んでくれるはずです。

一年目と二年目で全体の形が違ってくるといわれています。二年目以降になると、全体がギュット締まってくるんですよ。(←わたしはそう感じています。そんなことない?)

そうそう。

わたしの勘違いかもしれないんですけど、子持ち蓮華って葉っぱの形というか、つき方が2種類あるんじゃないかと思っています。

ひとつは、わたしのトップ画像のような、平べったい葉っぱのもの。

もうひとつは、もっとロゼット状のぷっくりした葉っぱのもの。

本当は、ぷっくりした方がほしかったんだけど、まぁいいや♪

子持ち蓮華は夏にご用心!暑さが苦手な多肉植物です。


多肉植物は、多少の暑さであっても乗り切ってくれる品種が多いように感じています。

だけど、子持ち蓮華くんは、そうではないのですね。汗

子持ち蓮華は、暑い日が続いてしまうと枯れてしまうことがあります。

そして、夏の日差しに当てすぎても、葉っぱが変色してしまうこともあるのですね。こういうのを「葉やけ」っていいます。

葉やけしてしまった葉っぱは、元の状態には戻せないと思っておいたほうがよいと思います。

夏場は、軒下などの直射日光のあたらない、明るい日かげに移動してあげることが大切ですね。


ここで、もうひとつ気を付けておきたいポイントがあります。

子持ち蓮華は、夏に半休眠状態になるといわれています。

夏は暑いですから、お水もどんどんあげたくなるのですが、ここはじっと我慢です!

休眠状態のときにお水をあげてしまうと、思っている以上に水を吸ってくれないので、結果的に根腐れしやすくなってしまうのですね。

ですが、断水のようにしてしまうと枯れてしまいます。汗

ここが加減のむずかしいところなのです。

お水をあげないのではなくて、頻度は控えめにしてあげることで夏をしのぐことができます。

子持ち蓮華の勝負どころは夏を乗り切れるかどうかだと感じています。


子持ち蓮華は花が咲くと枯れてしまうことが多いです。


子持ち蓮華は、育っていると花が咲くことがあります。

ぐ~んと花芽が上がってきて、塔のようにお花を咲かせてくれるのですね。

だけど、このお花が困りもので、お花が咲いてしまうと、子持ち蓮華は枯れてしまうことが多いように感じています。

実際に、わたしも花が咲いて枯れてしまった経験があるのです。

いくつかの株があったのですが、見事に花が咲いてしまい、それっきり消滅となりました。汗

だから、花芽が上がってきたら、切ってしまったほうが生存率は高まるかもしれません。

当時は、ぼんやり育てていたのですが、今年はゆるしまへんで~!ハサミの準備は、できておるでのぉ~w

子持ち蓮華のランナーをどうすれば子株を増やせるの?


子持ち蓮華は、ランナーが伸びて子株がピョンピョンしてくるのですが、これをどうすればよいのでしょうか。

たしかに!いわれてみれば、たしかに!って感じですね。汗

子持ち蓮華のランナーは、放っておくと地面に降りて、そのまま根付いてくれます。

だけど、自分でカットしてしまってもOKです。

ぴょ~んと伸びてきた先っちょに子株ができます。その真下あたりから根っこが出てきてくれます。

だから、先っちょの子株部分をカットして、土のうえに置いておけば、あとは勝手に発根して根付いてくれるのを祈るだけという感じです。

たぶん、祈らなくても上手くいくと思いますw

子持ち蓮華は、本当にたくさんの子株がピョンピョン出てきますから、お試しでカットの練習をしてみてもよいと思いますよ♪


ということで、今回は子持ち蓮華の育て方についてお話しました。

子持ち蓮華って、お店の売り場ではとっても地味ぃな存在になりがちなんです。涙

だけど、育ててみると、とってもにぎやかな子ですから、是非、みなさんもチャレンジしてみてくださいね!


わたしの住んでいる新潟も、桜が咲き始めました!私の近所は三分咲き~八分咲きといった感じ。

それなのに、ものすごい強風と雨が続いています。涙 散ってしまう~!!

新潟って、毎年こんな感じなんだよなぁ~。どうか、気持ちよく桜を満喫させてください!

切に願っているはなのあなのです。