• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
entry183.png

今日3/5(日)は、新潟市のいくとぴあで開催されているakihaクリスマスローズ展に行ってきました。

NHK「趣味の園芸」でとりあげられたクリスマスローズ。これをきっかけに、心がウッキウキに小粋なステップを踏み出したのですねw

今年はなんだかんだで12、13回はクリスマスローズ展を見に行ってきました。(←行き過ぎかも。汗)

クリスマスローズ展を回っているうちに、スタンプラリーもすべて回り切る事ができましたよ。(協力してくれた友人に感謝です♪)

さぁ!ここからが勝負所です。

スタンプラリーのカードと引き換えにガラポン抽選に挑戦できるのですねw

友人の分とあわせて10回分!抽選会の結果はどうなったのでしょうか。

スポンサーリンク

今年はクリスマスローズを2鉢購入しました。


entry183_06.png

なんだかんだ回っているうちに、実は自分でもクリスマスローズを2鉢購入してしまいましたw

まぁ、いずれは買ってしまうだろうなぁ~って、自分でも思っていたのですが、結構高くて、すっごく迷っていたのですね。

先週見にいったクリスマスローズ展の販売会場で、1鉢2,000円くらいのものを見ていたときのことです。

たくさんのお客さんが販売会場にもいたのですが、女性の方が圧倒的に多くて、その潔さに圧倒されていました。

何の迷いもなく、鉢を手にとってレジに向かっている方がとても多いのです。汗

咲いている花の部分だけを見て、そこでもうすでに決まっているみたいなんです。

はなのあ流クリスマスローズの選び方


entry183_08.png

わたしは、クリスマスローズは初心者なので、テレビ講座やYoutubeなどで、何度か予習してから、実物を見に行くタイプなのですねw(←小心者なんです。汗)

だから、咲いているお花と「株元」に注目して見ていました。

クリスマスローズは、今年は花が咲いていても、来年も同じように咲くかどうかは保証がありません。

だからこそ、クリスマスローズの見頃が終わりに近づいているこの時期は、株元に新芽が出ているかどうかが重要だと思うのです。

entry183_05.png

いま伸びている葉や花の茎はカットしてしまいますから、無くなるも同然。

それならば、新芽が吹いていかどうかが、次の時期につながると信じたからです。

一鉢ずつ、慎重に観察していたら、丁度、生産農家の方が声をかけて下さって、いろいろお話をすることがきました。

そこで、迷っていた2鉢のどちらにしようかを相談したところ「ずっと見ていましたよね?2つで2,800円でいいよ」ってことになったのです。


ホントにぃ!? やったー!ヤッター!ヤッターマン♪じゃんw


entry183_07.png

と、いうことです。ちょっと時間が経ってしまったので、お花も終わりっぽいですが、まだまだ蕾があるんですよ♪

この子たちとの付き合いも長くなりそうです。楽しみだぁ♪

クリスマスローズ抽選会10連ガラポンの結果報告!


さぁ、いよいよクリスマスローズのガラポン抽選会にチャレンジです。(おともに友人を連れて行きましたw)

これに挑戦したくて、回っていた部分も多少なりともあったのですね。笑


大当たりはクリスマスローズの苗!ちゃんとお花も咲いているものです。

ハズレは何かの花の種。こっちは期待していませぬのw

それでは、いざ参る!!


それーーーーーーーーーー!!

entry183_01.png



・・・チーン。



entry183_01.png



・・・チーン。



以下、省略。 どうもこうも、このありさまよw

entry183_02.png



ラスト2回!

entry183_03.png

おぉ!ハズレじゃないぞ!?

だけど、水栽培キットって。どうしようw あははははははw



ラスト1回!

entry183_04.png


キターーーーーーっ!!

って!想像と違うじゃんw

中当たりの「来年咲くかもしれないクリスマスローズ」が当たりました!

ふふふw なんか、自分らしいなぁと。ふと「花咲じいさんもいいか♪」って思えたんですw

それも悪くないなぁ~ってw

でも、ちゃんと新芽が吹いてる感じのヤツ選んできましたw

entry183_05.png


ということで、クリスマスローズ展もこれでひと通り終わり。

今シーズンはクリスマスローズイベントに参加したり、講習会に参加したりと、本当に楽しめました♪

お花のイベントって、無料で参加できるものや、見れるものも多いですから、是非、一度足をはこんでみてください。

実際に花を近くに感じると、インターネットで見ているのは違った感動がまっていますよ♪

「お花が笑う」っていう表現も、きっと理解できるくらいに楽しめると思います。