• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
多肉植物の霜対策"

だんだんとぽかぽか陽気になってきましたね。春はすぐそこまで来ています。

なんて!油断していては危険なのがこの季節なのです。

これまでも、観葉植物や多肉植物の冬対策寒さ対策についてもお話してきました。

そして、みなさんからのメッセージに目をとおしている中で、大きなミス(落とし穴)に気が付いたのです。

ずばり「」についてです。言葉は聞いたことがあっても、霜って何なのかよくわからない方も多いのではないでしょうか?

「雪が降らない地域だから」で安心している方は大きな間違いにハマっているかもしれせんよ。

今回は、多肉植物の霜対策と、霜とは何なのかについてお話します。

スポンサーリンク

そもそも霜って何?凍結や雪との違いは?


植物を育てていると、季節ごとに注意しなければいけないことが出てきますよね。

冬になると「冬対策」「冬越し」などが、まさに、それにあたります。

ネット上には、植物の冬越し、寒さ対策、冬対策、雪対策、霜対策など、それっぽい言葉があふれていますよね。

わたしのブログでは、多肉植物がたびたび話題に出てきますが、多肉植物にも冬の過ごし方があるのですね。

その中でも、わかりやすいのは「雪対策」「凍結対策」。これは、文字を見ただけでも、何となくイメージできてしまいます。

ところが、盲点になりやすく、意外と全国的に被害がでやすいのは「霜」、霜被害なのではないかと思ったのですね。

霜の正体にビックリ!勘違いや思い込みに要注意。


霜って、聞いたときにイメージしやすいのは、冷凍庫やアイス売り場ではないでしょうか?

冷蔵庫にも「霜取り」なんて機能があるくらいですから、氷のような雪のようなものかなぁとも想像できますね。


そうなのです!


霜と雪と氷は、とても近い関係にあるのですね。


「雪」とは、空気中で水蒸気が冷やされて氷の結晶になったもの。

「霜」とは、空気中の水蒸気が地面や物体にふれて、その表面で氷の結晶になったもの。

つまり、どこで氷の結晶化するかの違いはあるものの、どちらもほぼ同じようなものなのです。

みなさんのお住まいが、雪の降らない地域であっても、氷がはっていたり、車のフロントガラスが凍っていたりしていませんか?

空から雪が降ってこなくても、地面の方から霜が迫ってきていることもあるのですね。

夜間の気温が3度くらいになると、霜を意識した方がよいそうです。地表では、0度くらいになっていることもあるんですって。


さぁ!こういうことがわかってくると「霜対策」の方法がイメージできるようになってきますね♪

多肉植物の霜対策の方法。守るべき3つのポイント。


それでは、多肉植物の霜対策となったときに、どんなことに気をつければよいのでしょうか。

多肉植物は、もともと水分が豊富な植物ですから、凍結だけは避けたいところです。


霜対策で守るべき場所は3か所あります。

1つ目は、茎や葉の部分です。


茎や葉が霜にあたらないようにするには、段ボールや発泡スチロールの箱をかぶせてしまうのが簡単です。

応急処置のような感じではありますが、発泡スチロールは本当に効果的でした。

(※実は、凍傷の被害報告のあと、徒長している多肉ちゃんで試してみたのです。)

他の方法としては、100均で売っている不織布をかぶせたり、梱包材のプチプチシートで鉢ごと風よけのようにくるむという方法も有効です。

「このくらいで大丈夫なの?」と思うかもしれませんが、何もしないよりは、断然、効果があるのですぞ。

2つ目は、土の表面です。


土の表面は、湿り気があると夜間に凍りやすくなっています。

霜柱っていうのは、この延長線上で起こる現象なんじゃないかなぁ?と思っています。(→違っていたらごめんなさい。汗)

園芸やガーデニングでは「マルチング」が霜対策にあたります。

株元にバークチップや落ち葉を敷くっていう、あれです。笑

はじめて目にする方は、おしゃれに演出するために、チップ材を入れていると思っていることも多いようですが、ちゃんと意味があるのですね。

3つ目は、鉢の中の土と根です。


これは、意外かもしれませんが、鉢植えの場合は、根っこを守ってあげることも大切です。

多肉植物では、あまり意識しないかもしれませんが、観葉植物などでは、「鉢カバー」というものが売られていますよね。

あれが、根っこの凍結予防には効果的なのです。

だけど、多肉植物用の鉢カバーなんて、聞いたこともないと思んです。わたしも、聞いたことがありません。(考えたこともないかも。笑)

鉢カバーがなくても、対策はできます。

例えば、鉢を直接地面に置かない。これだけも違ってきます。

例えば、プチプチシートで鉢をくるむ。

例えば、発泡スチロールや段ボール箱に入れる。

ちょっとの気遣いでしっかり、霜対策や予防はできるのですね。


ということで、今回は、霜についてお話しました。

季節の変わり目は、夜、星が見えるくらいきれいな日こそ要注意です。

放射冷却なんかで、ぐーんと気温が下がってしまうこともありますから、まだまだ油断ならないのですね。

雪が降らない地域であっても、是非、もう一度、今シーズンの最後のチェックと思って、霜や霜対策に目を向けてみてくださいね。

今回の記事が、みなさんのお役に立てば幸いです。