ホーム多肉植物の育て方 ≫ 香りを楽しむ多肉植物アロマティカスを買ってみた。育て方とお手入れがポイントです。

香りを楽しむ多肉植物アロマティカスを買ってみた。育て方とお手入れがポイントです。

アロマティカス

多肉植物は、見た目のぷくぷく感やお花のような形の葉っぱが、なんともいえないチャームポイントですね。

だけど、香りを楽しめる多肉植物もあるのです。

アロマティカスは、ミントを甘くしたような香りがする、なんとも不思議な多肉植物。

香りだけじゃなくて、なんとも独特な触り心地で、ずっと触っていたい感じがしていまいます。笑

読者の方のお話を聞いているうちに、どうしても欲しくなってしまい、買ってきてしまいました。(新潟はえらい雪だというのにです。笑)

今回は、アロマティカスの育て方と楽しみ方、お手入れの方法についてお話します。

【ブログランキング参加中】あなたの応援クリックが励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

アロマティカスは多肉植物だけどハーブの仲間。


アロマティカスは、多肉植物の仲間として売り場に並んでいることもあれば、ふつうの鉢花と一緒に並んでいることもあります。

葉っぱの感じは、わたしがイメージしている多肉植物とは、まったく質感が違っていますから、何とも不思議な植物です。笑

アロマティカスは、アロエのように、薬の代わりに使われていたり、料理の香りづけに使われたりもするんですよ♪

ハーブの仲間だという説もあって、謎めいている一面もあるのです。とっても個性的な子なんです。

先ほどもお話しましたが、アロマティカスは、とってもよい香りがします。

わたしは、ミントを甘くしたような香りに感じています。熊の手(熊童子)やペンデンスとは、真逆の本当にいいにおいがしますよ。

お部屋中がぷんぷんに匂うようなことはありませんから、一度、お店でご覧になってみてくださいね!

葉っぱを親指と人差し指で軽くはさむようにして、葉っぱの感触を確認したあと、指のにおいを嗅いでみると、間違いなく香りがわかると思いますよ♪

アロマティカスの育て方。日差し湿気に要注意です。


基本的には、日当たりの良い場所を好むのですが、夏頃の強い日差しには当てないようにしてあげてください。

あくまでも、わたしの経験なのですが、強烈な直射日光に当ててしまうと、葉っぱの色が変色したり、全体的にぐったりしてしまうのです。

少し、日差しを遮ってあげるか、明るい軒下などに移動してあげた方がよいと思います。

アロマティカスは、パっと見の印象でもわかるのですが、もしゃもしゃ増えるタイプの多肉植物です。

増えるというか「葉っぱが茂る」といった方が近いかもしれません。笑

そんな、アロマティカスなのですが、なんとも不思議なことに、乾燥気味に育てた方がよいのです。

ですから、水やりは他の多肉植物と同じように、月に2~3回くらいで、お天気のいい日にたっぷりあげて大丈夫です。

とても生命力が強いですから、多少のことがあってもへこたれません。多少、葉っぱが落ちてしまっても、どんどん生えてきますから心配無用です。

ですが、その繁殖力問題で、放っておくと、株元が蒸れやすくなってしまい、根腐れ、茎腐れを起こすことがあります。

梅雨の時期も含めて、湿気に弱いのですね。

春や秋などには、茂った茎を間引いて、風通しをよくしてあげることが大切なのですね。

しなくても朽ち果てるようなことは、ないのですが、より元気に育てるためのひと手間と思っていただければ幸いです。

そうそう!アロマティカスは、寒さに弱い一面があります。

気温が5度以上あることが望ましい」といわれていますから、冬の時期などは、お部屋の中に取り込んであげてくださいね。

冬の窓辺は冷えますから、窓から離れた場所に置いてあげましょう。

アロマティカスの茎は木質化(木化)します。


多肉植物だけでなく、他の植物でも見られる現象として、木質化(木化)がありますね。

木質化(木化)というのは、茎の部分が樹木のような見た目になってしまい、まるで木の枝みたいに茶色くなるのです。

急に木化することはないのですが、長い間育てていると、どうしても起こってしまう現象なのですね。

アロマティカスは、木化すると香りが弱くなるといわれています。

木化した部分は、成長しにくいみたいで、カットして挿し木にしようにも、根が出にくいという話もよく耳にします。

木質化が進むと、枯れたと思って、処分してしまう方も多いのですが、わたしは、趣があって素敵だと思っています。

まだ木質化していない部分をチョンパ(カット)して、土に挿してあげれば、2週間くらいで発根しますよ。

それに、まだ緑色のやわらかい茎からの葉っぱは、香りもよいですから、ほどよくお手入れをしてあげるとよいですね。

わたしは、この手のお手入れが楽しくて仕方ありませんから、春が待ち遠しいです♪


今回は、アロマティカスについてお話しました。

梅雨、夏に気を付ければ、おおむね問題なく育てることができる植物です。

このブログを書いているときも、とっても癒してくれるアロマティカス。

是非、みなさんもお手にとってみてくださいね!

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示