ホーム多肉植物の育て方 ≫ ちょっとクサイ!ペンデンスの育て方。つるが伸びる熊童子みたいでおもしろい。

ちょっとクサイ!ペンデンスの育て方。つるが伸びる熊童子みたいでおもしろい。

ペンデンス

1月の園芸コーナーは、多肉植物が意外と入荷されているみたいです。

今日は、ちょっと気分転換にでかけてみたのですが、ホームセンターの園芸コーナーをのぞいてみたら、多肉植物が大量に入荷されていました。

一瞬で心をつかまれたのは、かわいい熊の手みたいな多肉植物。だけど、熊の手(熊童子)とは、育ち方が違っている謎の子です。笑

なんだか、グリーンネックレスの仲間みたいにも見えたのですが、ニオイを嗅いでみたら、熊童子と同じニオイがしました。笑

くちゃいです。この子の方が、熊童子よりは、ちょっと弱いと思いますけど。笑

この子は「ペンデンス」っていう多肉植物です。図鑑でみたのと、ちょっとイメージが違っていましたが、それも楽しみのひとつですな。

と、いうことで、今回は、ペンデンスの育て方特徴水やりの方法などを盛り込んでお話しようと思います。

【ブログランキング参加中】あなたの応援クリックが励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

ペンデンスの特徴と育て方。置き場所には要注意!


ペンデンスは、コチレドン属っていうグループの多肉植物です。熊の手(熊童子)や福娘も同じ一属の仲間ですね。

先ほども紹介しましたが、熊の手みたいなニオイがします。笑 お店で見かけたら、嗅いでみてください。

うちのだいちゃん(♂)は、ず~っと、へんな顔しながらクンクン香りを楽しんでいらっしゃいました。笑

ペンデンスの実物をみるとわかるのですが、グリーンネックレスのような雰囲気もある謎の多肉植物って感じです。

見た目の感じでは、ぐんぐん増えるタイプの多肉植物じゃないかと思います。つるのように茎が伸びていきそうです。

ペンデンスは、日当たりの良い場所に置いてあげた方がよいのですが、直射日光が苦手な多肉植物です。

春先のやわらかな日差しくらいならばよいでしょうが、5月頃の日差しは、想像以上に強いこともあり、急に葉っぱがブヨブヨになってしまうこともあります。

そして、暑さや寒さにも、それほど強いわけではありません。夏場は、直射日光のあたらない明るい日かげに置いてあげましょう。

秋、冬の寒い時期は、よほどのことがない限りは、屋外の軒下でも過ごせると思うのですが、心配であれば、冬越しなどの対策をした方がよいかもしれません。

多肉植物の冬越しについては、過去記事がありますので、参考にしてみてくださいね。

過去記事:「はじめての冬越しの方法まとめ。多肉植物や観葉植物の寒さ対策と育て方のポイント

ペンデンスの水やりの頻度やタイミングは?


ペンデンスの水やりは、他の多肉植物と同じように、10~20日に1回くらいの水やりでよいと思います。

ただし、夏場や冬場の水やりは、失敗しやすいですから、20~30日に1回くらいの頻度がよいのではないかと思います。

育てる環境にもよりますが、何日間も土が乾かないような状態にならないように気を付ければ、失敗は少なくなりますよ。

ペンデンスの葉っぱの表面を見ると、ツルツルの部分もあるのですが、産毛のようなものが生えていることがわかります。

こういう葉っぱの多肉植物は、全身が濡れてしまうとよくないのですね。長い間、雨に濡れてしまう場所や、梅雨の時期などは、軒下に移動してあげるようにしましょう。

購入した苗をみるとわかるのですが、結構、モシャモシャ生えてくるタイプで、株元が蒸れやすいと思います。

湿気対策として、風通しの良い場所に置いてあげることと、水はけのよい土で育ててあげることがポイントになりますね。

前回紹介した、福娘の育て方と似ている部分が多いです。育て方が似ている多肉植物は、寄せ植えをするときにも相性がよいといわれていますよね。

過去記事:「色白美人の多肉植物「福娘」がカワイイ!育て方で幸福パワーアップできるかも。

ペンデンスの下葉が枯れてきたときの対処方法。


ペンデンスを育てていると、どうしても下葉が傷んでしまうことがあります。

多肉植物は、下葉からだんだんと枯れてしまうことが少なくありませんね。必要以上にビビる必要はないので安心してください。

ペンデンスの下葉が傷んで枯れてしまった場合は、思い切って、葉を切り取ってしまいましょう。

放っておくと、細菌が繁殖して軟腐病になってしまうことがあります。組織がやわらかい多肉植物は、茎部分から腐ってしまうこともあるのです。

ときどき観察して、下葉の様子見などは気にかけてあげてくださいね。

ペンデンスはベルのような花が咲きます。


ペンデンスは、上手に育ててあげると、お花が咲いてくれます♪

福娘にさくお花とにているのですが、下向きに咲くお花で、クリスマルのベルのような形をしているんですよ。

多肉植物は、お花が咲くって知らない方も多いかもしれませんが、上手に育っていると、結構、咲いてくれます。

ただ、室内育ちの多肉植物は、日照不足や育てる環境の都合で、お花を見ることができないことが多いのですね。

ペンデンスは、お花が咲き終わったら、花茎をカットしてあげましょう。

ペンデンスに限らず、お花がピョ~ンと咲く多肉植物は、咲き終わったらカットしてあげるとよいと思いますよ。


今回は、ペンデンスの育て方をお話しました。

1月の園芸店や園芸コーナーは、めずらしい多肉植物がいっぱいです。

店頭に並んでいるものであれば、どの時期でも育てることができます。小さな一鉢をグリーンインテリアにとりいれてみてはいかがでしょうか。

見るだけでも楽しめます。園芸コーナーを楽しんでみてくださいね♪

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示