ホームはじめての多肉植物 ≫ お店の片隅にいたウチワサボテン銀小判を買ってみた。増やし方を聞いてびっくり!

お店の片隅にいたウチワサボテン銀小判を買ってみた。増やし方を聞いてびっくり!

ウチワサボテン

お店の片隅になぜかウチワサボテンがいました。サボテンコーナーでも何でもないのに、きれいにラッピングされて、こっちを見ています。笑

そんな感じで目が合ってしまったので、思わず購入してしまいました。汗 

今年、ヤバイです。かんなり多肉植物が増えています。すでに、40鉢くらいは増えています。

ところで、サボテンってどうやって増えるんだろう?

なぜか、無性に気になって、お店の方に聞いてみたら、ビックリするような方法で増やすことがわりました。

これは、まったく想像できなかったので、是非、みなさんにも紹介したいと思いました。

今回は、ウチワサボテンの育て方増やし方についてお話します。

スポンサーリンク

耳がカワイイ!ウチワサボテンの育て方。


ウチワサボテンは、平べったいサボテンで、ハート型だったり、ミッキーマウスみたいな形をしていたりするサボテンです。

わたしが買った「銀小判」というサボテンは、小判が刺さったような形をしているから、そう呼ばれているのかなぁ?と思っています。笑 トゲも突き刺さるようなタイプではなさそうです。

サボテンは、それほど頻繁に水やりをしなくてもよいです。春、秋は10日くらいに1回あげればよいと教えてもらいました。

わたしは、もう少し期間を空けてもよい気がしています。

だって、職場にあるサボテン。たぶん、だ~れもお世話していないけど、まったく枯れていません。むしろ、どうやって生きているのかが謎なくらいです。笑

ちょっとくらい水やりを忘れても、サボテンは急激に枯れたりはしません。

梅雨の時期と夏の時期は、蒸れや根腐れを起こさないように注意して、やや、乾かし気味に管理するのがよいかなぁと思っています。

わたし、自分がサボテンを育てるなんて想像もしていなかったので、初挑戦に近いと思います。笑

かなり楽しみです。どうなるかなぁ?ちゃんと育てられるかなぁ?って、考えるだけで、仕事のストレスもぶっ飛んでくれます。笑

お店の方のお話だと、この子はずっと室内でも育つらしいです。

日照は、窓際で日光浴させるくらいでよいらしいです。サボテンって、お外でガンガン日光浴をさせるイメージだったのですが、ちょっと違うみたいですね。

多肉植物と同じで、冬は休眠状態になります。水やりはほとんど必要なく、ひたすら春を待つことになります。笑

冬の窓際管理は、冷気が強烈ですから、少し窓際から離してあげた方がよいですね。冷気にやられてしまうと、枯れたような姿になってしまいます。

ウチワサボテンの増やし方にビックリ!


ところで、ずっと気になっていたのが、サボテンって、どうやって増やすのかということです。

というのも、はなのあは、サボテンを増やそうと考えたことがなかったのです。汗

不思議ですよね。どうやって増えているんだろう?

お店の方に聞いてみたら、増やし方には2つの方法があるらしいのです。

1つ目は、ウチワサボテンの耳のような部分を切って、葉挿しにするという方法です。

なるほどです。多肉植物とちょっと似ていますね。だけど、カットした耳の部分(葉っぱ?)を土に挿してしまうのだそうです。転がしておくと、グイっと葉っぱが曲がるんですって!

これは面白そうな話ですね。笑 見てみたいかも♪


2つ目は、細かくカットして土にまくという方法です。

これが、今回聞いたお話のハイライトですね。サボテンの実は、カッターなどで細かく切ってしまってもよいらしいのです。

切った実にトゲが生える白い部分「刺座」が3つくらい残っていれば、刺座の部分から芽が出るという話なのです。

ホントにぃ!? サボテンって、根元から脇芽のように新芽が出てくるのかなぁ?と思っていたのですが、想像と違いすぎます。サボテンミラクルです。

やってみたい!ぜったいにやってみたい♪

春が来たらやってもよいそうですので、来年の春がいまから楽しみです。


サボテンは、本当に初挑戦に等しいです。

サボテンの増やし方に詳しい方がいらっしゃれば、「本当だよ!」とか、「違っているよ!」とか、ぜひ、コメント欄で教えてくださいね!

はなのあは、責任を押し付けたりしませぬので。笑

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示