ホーム多肉植物の育て方 ≫ 誰か教えて!サボテンのこぶが黄色く変色してきた。対処方法はどうすればいい?

誰か教えて!サボテンのこぶが黄色く変色してきた。対処方法はどうすればいい?

ユーフォルビア、サボテン、変色

以前に、ひとめぼれで購入したユーフォルビア紅キリン)。トゲはあるけど、サボテンじゃないんです。

(だけど、サボテンと同じように考えても、それほど違わないのではないかと思っています。)

今日、よくみてみたら、サボテンのコブの部分黄色く変色してしまいました。やっちまった事件簿ですかぁ!?汗

さてさて。ここで困ったのが、どうやって対処したらよいのかがわからない。という一大事です。

だれか、詳しい方がいらっしゃったら、是非、教えてもらいたいと思っています。(→コメントでも、メッセージでも構いませんので、どうか教えてください。)

ユーフォルビアとサボテンは違う仲間なのですが、起こる症状としては、サボテンと同じで考えてもよいのはないかと思っています。(→違っているのかな。汗)

今回は、自分なりに考えてみたサボテンの変色の原因、理由を綴ってみようと思います。

【ブログランキング参加中】あなたの応援クリックが励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 花・園芸ブログ ガーデニングへ

まずは、育てている環境をチェックします。


わたしが育てているユーフォルビア。この際、サボテンと呼ぶことにします。

もともと、購入したのもそれほど前ではなく、ここ3か月の内です。育てている環境は、ほぼ100%室内。

日当たりは、決してよくありませんが、日中、仕事でおうちを空けるときは、お部屋の遮光カーテンを開けて、レースのカーテン越しに部屋が明るくなるようにしています。

窓から少し離れた、プリンター台の上に置いてあります。お部屋に入ったときに目に止まるので、とても気に入っています♪

水やりは、20日~30日に1回くらいのペースであげています。

植木鉢はテラコッタ製の2.5号サイズ。土は、赤玉土やパーミキュライトなどの粒が大きいものを主とした、配合済みの「多肉植物用の土」を使っています。

肥料はあげていません。

と、こんな感じで育てています。 

こんなに細かく書く必要あるの?って思いますよね。笑

これ、結構、大事な情報になることが多いです。植物は、同じものを育てていても、育てる環境や育て方で状態が変わってきます。

多肉植物も、丈夫で育てやすいといわれていますが、屋外で上手に育てられる方もいれば、上手くいかない方もいますよね。

まずは、育てている環境を見直してみるのは大切です。

サボテンが変色する原因や理由を考えてみた。


ユーフォルビア、サボテン、変色

わたしは、観葉植物と多肉植物を中心に育てています。

もちろん、すべてを知っているわけでも何でもなく、ただただ、楽しみの延長線くらいの趣味の範囲です。笑

サボテン系は、トゲに刺されるのが怖くて、あまり手を出さずにきました。汗

だけど、これまでに関わってきた植物たちのことをふまえて、変色の原因を考えてみました。

この画像は、一応、根元の方を撮ってみました。下の方が茶色でガサガサっぽいのですが、最初からこんな感じでした。たぶん、健康でも、こんな感じなのだと思います。

植物は水やりのし過ぎや根腐れで変色します。


まず、真っ先にイメージしてしまうのは、水やりと根腐れですね。

これは、植物を育てていると、運命、宿命のように出会うことが多い言葉です。

たしかに、水やりのし過ぎで根腐れをしてまったりすると、目で見てわかるくらいに変色してきます。

だけど、根腐れしているときの変色って、黒っぽくなるイメージ。途中経過で黄色っぽくなることはあるけど、水やりは現状、ほとんどしていないので、違う理由のような気がします。

あと、根腐れまでいかなくて、根っこに問題があるとと、植物全体が弱ってきたり、茎の部分などはブヨブヨになってくることが多いです。

この子は、触ってみた感じ、しおれている感じはしますが、ブヨブヨはしていません。

植物を急に直射日光にあてると葉やけで変色します。


室内や日かげで育てていた植物を、急に強い日光に当てると「葉やけ」してしまうことがあります。

茶色、黒色になってしまうこともありますし、白っぽくなることもあります。途中経過で黄色っぽくなることもあります。

わたしの紅キリンちゃんは、直射日光を浴びるような場所にはいませんので、葉やけでもないと思っています。

葉やけすると、枯れていくような感じになりますよね。汗

日照不足で色素が抜けたようになることがある。


植物を育てるときには、微量であっても日光が必要になります。

室内で育てる観葉植物は、日照不足が原因で傷んだり、弱ったりしてしまうことがあります。

全体的にヒョロヒョロしてきて、葉っぱの色も薄くなるような傾向があります。

だけど、それだけじゃなくて、ゴッソリ葉っぱが落ちてしまったり、葉の色が黒く変色してきたリすることもあります。

日照不足そのものが原因ではないのかもしれませんが、日照がたりずに弱ってしまったが故の症状だと思います。

以前に育てていた、ガジュマルやカポック、シェフレラが日照不足でダメになってしまいました。

参考記事:「シェフレラ、カポックの葉が黒くなって落ちる原因と対処方法。

今回の紅キリンちゃん、日照不足の可能性はあるかも!って思っています。

肥料のあげ過ぎ、不足で色味の問題が出てきます。


わたしは、積極的に肥料をあげるような育て方をしていません。汗

あ。でも、メネデールっていう活性剤はときどき使っています。発根とか発芽がよくなるといわれていますよね。

関係ない話ですけど、このネーミングって、もしかして「芽根出る」から来ているのかな?笑 違うかw

多肉植物の場合だと、肥料をあげ過ぎると、紅葉がうまくいかなかったりするといわれています。

参考記事:「紅葉が鮮やかな多肉植物。きれいに紅葉させる育て方の3つのコツ

サボテンって、肥料不足で黄色っぽくなることがあるのかなぁ・・・?

植物の老化で黄色っぽくなることもあります。


これは、一番しあわせな変色ですね。老化現象で黄色っぽくなったり、葉が落ちたりすることは十分考えられます。

多肉植物を育てていても、下の方の葉っぱがしおれていくことが多々ありますよね。

だけど、今回のケースは、上の方に出ているコブの部分。コレって後から出てきたタイプですよね?

だとすると、老化ではないような気がします。汗

植物は寒さに負けて変色してしまうことがあります。


植物は寒さに負けて、変色したり、枯れてしまったすることがあります。

冬にかけて、霜にあたってしまったり、凍結してしまったりすると一発アウトも考えられますよね。

凍傷のようになってしまうと、復活はないのではないかと思っています。

だけど、今回のケースは室内にいますし、窓からの冷気で苦しむほどの室温でもありません。15度くらいはあります。

寒さ負けではないと信じています。

サボテンが病気で変色しているかも?


最後は、信じたくない可能性のひとつですが、病気の可能性です。

サボテンがどんな病気にかかるのか、これは、まったくわかりません。汗

だけど、可能性がないわけではないですよね。わたしは、観葉植物や多肉植物を育ててきた中では、病気らしい病気にかかったことはありません。

でも、病気だったら、全体的に症状がでてくるんじゃないかなぁ?と思っています。

トップ画像で、もし病気だと見抜いた方がいたら、是非、ご連絡くださいまし。

サボテンが病気になったら、悪いところを切ってしまうのかな?


と、いうことで、わたしなりに考えた変色の原因や理由を考えてみました。

もう少し、様子をみてみないとわからないことも多いと思いますが、ちょっと心配です。

アドバイスでも、はげましでも、コメントやメッセージをいただけたらうれしいです。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示